D1倶楽部
Nikon D1 が発売されたのが 1999年9月29日、あれから 10 年である。
b0085526_2315455.jpg
このカメラが新しい時代を作った!

このカメラ以前、デジタル一眼はニコン・キヤノン・富士フイルム・コダックから発売されていて、(細かなスペックは違うにせよ)それぞれが 600 万画素で 360 万円 ..... 注文書を書かなければ買えないという代物だった。

カメラ・バック・タイプのプロ仕様機は 1,000 万円以上の投資が必要だったが、それでも先駆者達は、必死に稼いだ金をこれらの機材に注ぎ込んだ時代である。

あまりにも鮮烈な発表 − Nikon から超低価格のデジタル一眼が ..... 65 万円(ボディのみ、消費税別)、266 万画素とはいえ 300 万円も安い! ..... 当時としては破格の値段であった。

「これなら買える!」と直感的に飛び付いた。
300mm/F2.8 をはじめ数本のレンズと組み合わせ て 200 数十万円の買い物である。

・オリンパスから 400 万画素のコンデジが発表されたが、D1 の画質の方がはるかに良い画像であった。
・この CCD を提供したソニーとしては、100 万円(/個)は欲しいと考えていたらしい?
・キヤノンは、廉価版デジ一の市場参入を 2002 年と計画していた。

D1 の開発責任者であった富野氏(元常務取締役)は、CCD を 10 万円で供給して欲しいと頼んだらしいが聞き入れられなかった。D1 の価格のほとんどは CCD 代である。

この CCD は、実は 1,000 万画素以上の代物で、ニコンでは 4 つの CCD から得られる信号を 1 つにして SN の良い画像を得ようとした。(後に D1x が 800 万画素で発売されるが 2 個使いである)

..... ニコンが D1 の発売に踏み切ってくれたおかげで今日がある。

しかし、D1 は面倒なカメラであった。撮影の作法が必要で、撮影後のデジタル現像、画像処理にも特別のテクニックが必須といえるほど難しいカメラであった。

嫁が使っている D700 は、僕にとって魔法のカメラである。時どき貸してもらうが、写るはずのない画像がきれいに写ってしまう ..... 圧倒的に Nikon D3 、D700 は違う!( 2 機種とも CCD が同じで、できあがる画像に差はない)

発売の翌年であろうか?
いろいろな方々の薦めがあって「D1倶楽部」を web で立ち上げた。(現在は「D1倶楽部ブログ」として存続している)

メモリアル・ディーを記念して、D1 の開発者達と一杯やるつもりである。(今なら話せる「とっておきの秘密」が聞けるのだろうか?)

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-09-27 00:02 | 写真 | Comments(5)
Commented by 事務局長 at 2009-09-27 10:58 x
おかげさまで、いい時代を生きております ^_^
センパイ達に、感謝!
Commented by at 2009-09-27 11:21 x
>事務局長さん
本当に、いい時代に生きることができましたね。
銀塩からデジタルへの変革の現場に立ち会い、真に時代の証人となることができた幸運に感謝します。
Commented by noru_nao at 2009-09-28 07:55
>なんだかのマグロさん
悪戯かと思って削除した後に、想い出しました。もの忘れがひどくなりつつあります。スミマセン!
また、回遊してきてください。
Commented by 逆廻りのマグロ at 2009-09-28 08:09 x
おはようございます!
余りはっきり記入できなく、悪戯と思わせ申し訳ございません!
これから宜しくお願いします。
Commented by at 2009-09-29 14:56 x
>逆廻りのマグロさん
こちらこそ、たいへん失礼しました。
これからもよろしくお願いいたします!
東京 ..... 暑いわ。
<< おめでとう! Nikon D1... 嫁と不良して、夜の札幌を ..... >>