フォールディング・バイク
まず、これを見てください。



知らないと ..... 僕も最初は ..... これほどひどくはない?

Brompton 乗りは ..... ちゃんとできます。



Brompton を発明した Andrew Ritchie さん自らが解説しています。

どうです! これほど簡単に折りたためると便利でしょう。

夏は Brompton で「じてつう(自転車通勤)」します。
雨が降ったり、急用ができたら、折りたたんでタクシーや地下鉄で移動。

今年は「スーツ姿で自転車」がトレンドのようで ..... 早く乗りたい!

(夫)

P.S.
僕の通勤自転車(今年はチョッとVersion Upしました)です。
b0085526_21501319.jpg
日英修好通商条約調印150周年記念限定モデル!
[PR]
by noru_nao | 2010-03-31 21:43 | 自転車 | Comments(11)
Commented by 逆廻りのマグロ at 2010-03-31 23:06 x
こんばんは!アンドリューリッチーさんが会長になってから、シマノを入れたみたいです!秀Aさんの情報です!でも本当は頑固が私は大好きなのですが!シマノハブダイナモですか?
Commented by at 2010-04-01 06:35 x
>逆廻りのマグロさん
シマノ、大好きですよーッ。
Commented by 店員A at 2010-04-01 07:08 x
いよいよ自転車通勤の季節ですね。アンドリューの動画を再生していただくと、下にサンプル動画が5件ほど紹介されますが、そのうちの一つに私が出ておりました(笑)。今シーズンは私も驚天動地(笑)の折り畳みに取り組みます。楽しい夏になるといいですね。
150周年モデルは、今にして思えばアンドリュー本人が携わった最後のブロンプトン、、といえるかもしれませんね。やっぱりいいなぁ、、と思います。
Commented by at 2010-04-01 08:28 x
> A さん
あッ、本当だ。淡いペパーミント・グリーンの自転車ですね。有名人!

今年は(今年こそ)飛行機輪行をして、しまなみ海道を走ってきたいと考えております。
ほどほどに大人しくするつもりだったのに、な〜んか、5月過ぎから全国行脚の気配が ..... 年間50回以上も飛行機に乗るのは、とても違和感のあることなのです。

僕の Brompton には150周年の記念プレートが付いているので、総てのパーツをチタンとカーボンに換え、カドワキ・コーティングの全塗装で元の色に戻す ..... 見た目には普通の記念モデルなのにメチャクチャ軽いッ!

 ..... 粋だなぁ。 でも、どれぐらい費用がかかるのでしょう?
Commented by 逆廻りのマグロ at 2010-04-01 22:18 x
こんばんは 今度はマラソンプラス 16x1-3/8にしました!
今日O/H終了で秀に有るみたいです!
今月はゆっくりと左足を治します!今度市電ツアーは如何でしょうか?
Commented by KEN at 2010-04-02 18:46 x
自転車の季節が近づいているようで、少しずつ自転車の話題が増えてきましたね。来週末には、札幌で自転車に乗れますかね?

シンガポールでも国民の健康増進のため、自転車推奨モデル地区が設定されて、自転車専用道の整備が始まるそうです。この国は、決めたら行動はとても早いので、良い結果がでれば、一気に国中に広がるでしょう。
Commented by at 2010-04-02 19:53 x
>逆廻りのマグロさん
これはタイヤですね?
ホワイトリボンのお洒落なタイヤを探しています。
Commented by at 2010-04-02 20:03 x
> KEN さん
シンガポールですか ..... 行きたいなぁ。
現在、平河町のホテル ..... ニュー・オオタニでも赤プリでもありませんが、21階の部屋から東京タワーが綺麗に見えます。

やはり、Lee Kuan Yew の偉大な指導力なのでしょうか?
経済活動で圧倒的に重視されるスピードの大切さを、この国の代議士も官僚も全く理解していないのが情けない。
東京を見ているとアナキズムが成り立つのではと錯覚してしまいます。
Commented by at 2010-04-06 11:17 x
BROOKS の革サドルなのですが、こんな話を知りました。

 名品の“BROOKS”と言えば、ツーリング志向の方には憧れの的でした。最近は“BROOKSのサドルは茶色が ・・・ ”と仰る方が居られますが、昔のサイクリストは、必ず“黒のBROOKS”を買い求めたものです。

 実は乗り込んだサイクリストの自転車についている“アメ茶のBROOKS”は元々は“黒のBROOKS”で、長年大切に乗ると非常に深みのある“茶色のBROOKS”に変身します。つまり、“大切に乗り込んだ証”なのです。

 そこまで乗り込まれた方は絶対にサドルだけは手放しませんねぇ~、 そこまで使い込むのにどれだけお尻にタコを作られたか ・・・ 。

本当に黒のサドルが茶色になるのだろうか?

A さんの BROOKS は、確か黒だったはず ..... 。
Commented by 店員A at 2010-04-06 18:56 x
BROOKSの逸話は初めて知りました。確かに私のBROOKSは黒で、いい話を聞きました。ですが、、、茶色になるまではどうかなぁ、、。いったんは皮が伸びましたのでテンションをかけなおして、、自分の尻になった、、のは間違いないですけど、、。こんなときに自転車を複数台持っていると、使い込み、、が足りませんね。しかし、、このサドル、この自転車はよほどのことがない限り手放しません(キッパリ)、末永く愛したいと思います。
Commented by at 2010-04-06 22:56 x
> A さん
こんばんわ!
実はこの話、チネリ・スーパーコルサで有名な浜松町・大門の○○○サイクル(De・Rosaは横尾双輪館ですね)の話です。
某大学の○○先生が教えてくれた店で、○○ボックスのように高飛車な扱いではなく、ユーザーに役に立つ自転車屋さんです。(シートポストの例のネジは有名らしいです)
今度、詳しくお話しします!
<< アートフェア東京 2010! あぁ〜 ..... 物欲が! >>