日々の暮らしはいやでも .....
今日から、職場復帰しました。森進一の襟裳岬、「♪日々の暮しは いやでも、やってくるけど、静かに 笑ってしまおう ..... 」。

そうなんです。日々の暮らしに楽しいことなどないし、まして仕事にそれを見いだすことなんて到底できません。でも、「日々の暮らし」こそが人間の生きる証であり、日々のルーチンワークを確実にこなす体力と精神力 − 入院と療養で「普通であること」の素晴らしさを、噛み締めることができました。(入院中に見ていたDVDが偏っていたかも?)

b0085526_15373834.jpgたくさんの趣味があって、日常生活の変化を楽しむ知恵もあります。今年からはじめたバイクですが、自転車乗りの先輩達が羨むマシンも手に入れました。

一緒に走ってくれる嫁も理解があり、これからも色んな楽しみを二人で見いだしてゆけることと思います。

「♪寒い友だちがー訪ねてきたよ、遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ〜」、友が訪ねてきてくれる人間でいられますように。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-27 15:44 | 自転車 | Comments(1)
Commented by at 2006-08-01 08:49 x
この写真を、若いプロダクツ・デザイナーに見せたところ、えらく感激! 「凄い、凄い」の連発で、「これが動くところを ..... 」とせがまれてしまいました。

for the Young and the Young at Heart!
今は亡き石津謙介さんが興したVANのキャッチフレーズです。

その昔、「広告は若い人の仕事じゃない、十分な見識と豊富な経験を持ちながら、若い心を持った人の仕事である」という話を、カメラマン時代に聞きました。

若い心 ..... だけは持っているような気が
<< すっかりサボってしまいまして。 ジロも、ツールも見たい! >>