小樽「裕次郎記念館」
「ブルーバード ・・・・・ 心に残る男の車」、僕が高校生の頃の日産のTVコマーシャルです。

水溜りに自分のトレンチコートを敷いて渡らせるなど、キザな野郎(顔は決して映さなかった)が、気取ったシュチエーションで出てくるわけですが ..... 二流のCMディレクターが思いつくアイディアが?
そう!、総ては貧困なイメージの時代だったのでした。

そんな1970年、サファリラリーで優勝するのが「ブルーバード1600SSS」です!

b0085526_9404797.jpgそして、裕次郎主演による映画「栄光への5000キロ!」が作られました。

P510、直4 SOHC、ソレックスキャブレータ、100馬力 ..... 日本の工業力が世界に肩を並べはじめた証の車です。(先日、LEXUS LS460の内覧会に招かれて行ってきましたが、もはや、日本の車は世界一です!)

米国ではDATSUNを「ダットサン」ではなく「ダッツン」と呼びますが、初めての海外旅行ハワイで、DATSUN 240Z(ダッツン・ツーフォーリィ・ズィー)が日本の販売価格よりもはるかに安く売られていることに驚愕したものです。

(遠方からのお客様をお連れして、行ってきました)懐かしの「裕次郎記念館」 第二弾は、あしたの心だ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-10-04 10:04 | 街のあれこれ | Comments(0)
<< 足の長さ 祝!! 一位通過!! >>