病気は悪化の一途
妻の上海病は、回復の方向にあるのでしょうか?

僕の「カーボン病※」は、病状が進んでしまって、絶望的な状態です。もはや、手術しか直す方法は無いのかもしれません。(今年はもうゴメンです)

※ 自転車のカーボン・パーツを媒介として中年サイクリストが良くかかる。1g軽くするために10,000円も払いたいと思ってしまう病気で、自転車は軽くするのに体重については無頓着という傾向がある。

いつの間にか、こういうものが手元にあります。

b0085526_2114353.jpgそれにしても、ナノクリスタル・コートのレンズ、良く写りますねェ。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-12-06 21:24 | 自転車 | Comments(0)
<< 電塾会員 - 山田ケイオス ル・ロイヤル・メリディアン上海... >>