豫園商城 -その3-
b0085526_0332940.jpg
夜の湖心亭。豫園中の建物のアウトラインが電飾されて、とても雰囲気のある夜景を作り出している。

b0085526_036534.jpg


夜の豫園商城を散策していると、突然、鐘の音が鳴り響いた。なんかのイベントが始まるのかと思って見に行くと、チャイナ帽に丸眼鏡の男性が、なにやら呼び込みをしている。「西洋鏡」の看板があり、ノゾキ窓から紙芝居を見るアトラクションらしい。
b0085526_0453522.jpg
しかし、ヘタな写真ですいませんです。
ひとり3元(約45円)だし~、と我々は飛びついた。単なる紙芝居かと思って見ていたのだが、スライドもしていないのに絵の一部が突然変わる。笑顔が怒顔になったり、青白い顔が赤く染まったり、罪人の首が落ちたり・・・・・・二枚の絵を重ねておいて、後ろから照明を当てて早変わりに見せる仕掛けらしい。レイヤー機能だ。私たちが見始めたときには周囲には誰もいなかったのだが、私と妹が「あっ変面だっ」だの「ぎゃ~!」だの「あれ~?」だのと日本語で騒いであげたので、あっという間に人だかりができ、入れ替わりにすぐに次の客が。が、実はそれほどのもんではなく、次の客はしーんと押し黙って見ていたのであった。わはは、許せ。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2006-12-08 01:02 | 上海 | Comments(0)
<< 感謝状 豫園商城 -その2- >>