夢のカリフォルニア
60年代末はフォーク・ロックというジャンルがありました。 ロックほど激しくないけれど、フォーク・ギターやドラムがリズムを刻む感じのポップスで、ママス・アンド・パパスが代表でした。

ママス・アンド・パパスは、男二人女二人からなるグループで、「夢のカリフォルニア」という60年代末を代表するヒット曲を出したのですが、1968年には解散状態で、レコードだけが出し続けられるという ..... 。

そういえば、何年か前に、「花のサンフランシスコ」のスコット・マッケンジーが、札幌でコンサートを開きましたが、行きませんでしたね。原曲とまるで違うフューチャーは聴きたくないので。

さて、「夢のカリフォルニア」は、「All the leaves are brown, and the sky is gray ..... 」と歌い出し、「sky is gray」なニューヨークから、カリフォルニアを懐かしむのですが、真にサンフランシスコ在住の日本人が冬の札幌に遊びに来て、「このグレーの空が憂鬱だ」と嘆いたことがあります。

b0085526_17515166.jpg確かに「Gray」な空です!

北海道の景色が本州と違う大きなポイントは、「空が高い」ことですが、「Gray」は空を低くしてしまいます。

晴れている冬景色は、とても爽やかで美しいのですが、「Gray」はいただけませんね。

もうすぐ春が来ます!

早く自転車を再開して、メタボリック・シンドロームから抜け出さねば ..... 心が「Gray」です。(嫁よ、ワイキキは「Gray」じゃないぞーッ、上海より爽やかで「英語」が話し放題だぞ!)

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2007-03-16 18:09 | 映画・音楽 | Comments(4)
Commented by 事務局長 at 2007-03-17 08:42 x
お久しぶりです。
grayといえば、学生時代に乗った連絡船の「津軽海峡冬景色」の、あの空と海の色を思い出します。
それにしても、名曲だぁ〜ッ!

奥様、けいおちゅくん、良くなりました?お大事に。
Commented by at 2007-03-17 20:27 x
事務局長さん、今日はお疲れ様でした。(明朝から用事があり、二次会へ行くという皆さんと別れて)今、帰着いたしました。

病院へ行きましたが、大丈夫のようです。(朝の散歩も普段と変わりなかったので、心配はしていませんでしたが) お気遣い、ありがとうございます。

来週のセミナー、嫁と聴きに行きますので、頑張ってくださいね。
Commented by 事務局長 at 2007-03-17 22:15 x
お疲れ様でした。
やはり、さすがは郡司さん!

火曜日のセミナーは、多分初心者の方には喜んでいただける内容だと思います。

ぎさろくんの整備、いつ頃にしましょうね?24・25日は両日とも撮影等がありまして、その翌週か翌々週でしょうか?
Commented by at 2007-03-23 21:05 x
アップルストアのセミナー、面白かったですね。

(現場で見せてくれた)あの撮影方法、お遊びに見えるけど、スケール以外はプロの現場と変わらない ・・・・・ 何人の人が解ったかな?

次回も楽しみにしています!
<< Wii 「非常」の飲み物について考える >>