祇園祭 - その3
b0085526_94420.jpgお祭りですから、提灯です。

「祇園祭」だからといって、特別ではないような?

大きさも、それほどでは .....

山車(だし)を見て想うのは、

昔、携わっていた故郷のお祭りのことですね。

ある企業の依頼で、

毎年、山車を創り、衣裳を手配して(時にはオーダー)、

踊りの先生を連れてきて、練習・練習・練習 ..... 思えばヘンなことをしていました。(結構、儲かったので、ありがたいのですが)

さて、お宝自慢には、こんなものも ・・・・・ ?

b0085526_9152152.jpg世界一の大風呂敷だそうです。

がッ、

大風呂敷を広げたがる自分としては、

現実に、見せつけられると

言葉が .....

「祇園祭には、そぐわねぇだろッ!」

まぁ、「お宝自慢」ですから、何でも有りか? と

それほどのことはないですね。「祇園祭」

そういった意味では「日本の伝統」なのか? なんでも有りの「寄せ鍋」(ごった煮)という、凄い文化なのでしょう。

以前に、嫁が「劇的に変革する上海が面白い」といっていましたが、祇園祭の沿道を賑わす「テキヤ」の舞台裏が上海状態になっていて、思わず笑ってしまいました。

やはりアジアです!

中国や朝鮮を笑えません、バカにできない滑稽さは「祇園祭」に名残りを留めています。

b0085526_9291262.jpg負け惜しみで、こんな写真も .....

「在釜」って何でしょう?

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2007-07-20 09:32 | 街のあれこれ | Comments(0)
<< 今朝の真駒内公園 マガモのヒナ <1> >>