ツール・ド・北海道 - 僕編 -
b0085526_21524547.jpg日に焼けてますなぁー

白いジャージが似合うのは、

黒いぐらいの肌。

「デ・ジュー」のジャージを買わなくて大正解!

それと、

白いジャージは、こすけて見えます。(これって北海道弁か?)

b0085526_21562264.jpg苦しいんでしょうが?

「苦しさ」が

イマイチでてませんなぁ。

修行が足りない?(明日にでも、違う写真に差し替えておきましょう)

確かに、

職業写真家ではないので ..... お許しください。

b0085526_2159579.jpgこっちの方が、

まとまっている?

まぁ、迫力に欠けますなぁ。

きれいだけじゃ、つまらない写真ですネッ。

結局、才能が無いし、写真にだけエネルギーを費やすわけにもいかない。

誰だッ!

つい二、三日前に、「新しいスタイルは、ある日突然に身に付くものでない。日々の中から成長していくものなんだ」なんて書いたのは、どこのどいつだッ?

..... 答えたくないなぁ。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2007-09-17 22:06 | 自転車 | Comments(3)
Commented by 事務局長 at 2007-09-17 22:32 x
ご夫婦で、すてきな写真、イイですね。

撮影は、楽しい!
良い写真が撮れた時は、とっても嬉しい!
それだけで、いいです!
Commented by at 2007-09-18 10:29 x
思ったとおりに撮れないと、悲しくなります。(ほとんど、思ったとおりに撮れません)

未熟さを棚に上げて、つい、言い訳ばかりを考えてしまいます。

(まぐれで)いい写真が撮れたときは、「やっぱり、○○○○○ ..... 」とか、情けネェなぁ。
Commented by 事務局長 at 2007-09-18 11:30 x
ご賛同いただけると思いますが、プロの世界では、偶然(たまたま)を必然のように見せる事で、みんなメシを食ってるような気がします。ボクなんか特に、そう。メジャーの方は、もちろんそれなりの才能をお持ちだとは思いますが。でもやはり「偶然」は大事です。
何かの雑誌で読んだ事がありますが、あるカメラマンは「自分の意志で『撮る』為に、『撮れてしまう』モータードライブは使わない」んだそうです。気持ちはわかりますが、結局撮れなかった場合、どうするんだろう?
<< ホノルルへ向けて ツール・ド・北海道 - 嫁編 - >>