英語が話せたっ!・・・・のか?
うかうかしてたら、夫編がお開きになっちゃいました。妻編はもちょっと続くのです。どぞお付き合いを。

夫も書いてくれたように、今回は二年続けた英会話の成果が発揮できて(しかも持参した電子辞書を一度も開くこともなく)、非常にうれしかった。上海と違って、さすが英語圏だわ~。ブランドやマリンスポーツに関心のない私には、ハワイはそれほど魅力的な場所ではないのだけど、英語の実践っつう意味では、もう2~3回行ってもいい。そこんとこ、ご留意くださるとうれしいです。>ダンナ様

驚いたのは、ほとんど一度で聞き取ってもらえたことと、意味が正確に伝わったこと。もちろん、ハワイの人々が日本人の発音に慣れていたり、伝えたいことがしごくシンプルな内容だったりもあるとは思うんだけど、それでもすごくうれしかったのである。

海外旅行用の定型文ではなく、ちゃんと会話ができたことにも感激。レストランでウエイトレスに、「(こんなに大きいハンバーガーを)どうやって食べたらいいの?」と言うと、彼女は「Too big! I Know!」と笑ってくれた。教えられた30という住所が存在しないというタクシー運転手に「13と間違ったかも知れない」と言って探してもらった。ワイキキをパトロールする警官を呼び止めて「夫がそのベルトを欲しがっているのだけど、どこで買えますか?」とたずねて、お店を教えてもらった。私のドラゴン柄のワンピースに釘付けになった店員に「どこで買った?いくらだった?」と根掘り葉掘り聞かれて、ハワイにお店がないことが判明、「いつか、ネットオークションで売ってあげる」とからかった。布袋(七福神)さんのフィギュアをいっぱい飾っているタクシードライバーに「どこの人?」とたずねて、タイ系中国人だと教えてもらった。彼の英語は「Everything」を「えぶりちんぐ」と発音し、その話の95%は聞き取れなかったのであるが ^^;

ドラッグストアのおばちゃんに「夫が風邪らしく、喉の痛みと咳があるんだけど、どの薬がいいですか?」と聞いたのだけど、夫の記事にあるように薦められたのは毒々しいピンクのシロップ。「夫が」の部分がちゃんと伝わったのかどうか、今も謎のままである。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2007-10-10 23:00 | ホノルルCenturyRide | Comments(0)
<< ただ、マイヨ・ジョーヌのためでなく Honolulu Centur... >>