夫の視点 妻の視点
夫が雪が積もりまくった夜の街も面白いかもと、犬の散歩にD2Xを持って行った。夫がいつも書いているように、本当に感覚って人それぞれ。目を留める対象そのものも違うし、同じものも切り取り方がまったく違う。

そして、面白かったのが、画像処理の好みも違うということ。彼はよりリアルを追求し、私はイメージを優先してしまう。

うまいとかヘタとか、キャリアがどうとか、夫と私ではもう歴然なのに、それでも写真には正解がないから一緒に楽しめるのかも知れないね。
b0085526_2333305.jpg

b0085526_23433292.jpg

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-26 23:47 | 写真 | Comments(5)
Commented by 事務局長 at 2008-01-27 09:15 x
いいですね、共通の趣味。

おっしゃる通りで、色々な個性があるから、面白い。
その個性が認められれば、人気が出る、売れる。
「認められる」ことが、なかなか難しく、未だにもがいております。
だから、夫さんや妻さんに誉めていただけると、純粋に、とっても嬉しいのです!
Commented by at 2008-01-28 22:21 x
芸能界なんか見てるとまさにっ!なんですが、才能がなくてもプロモーションがうまければ(大半はお金をかければ)売れる。腹立たしいですねー。

誰がそんなにみのもんたを望んでるわけっ!?←ややズレました。
Commented by at 2008-01-28 22:26 x
あ、補足です。

ジョニー・デップ(ファンなのです)は、あれだけのルックスを持ちながら、脚本にこだわって娯楽作に出演せず、40歳の声を聞くころにブレイクしました。・・・・・・だからどーよと聞かないでください ^^;
Commented by sakai at 2008-01-29 11:28 x
シザーハンズが強烈でした。すげえひとだなーと思った覚えがありますが、もう15年以上の話ですね
Commented by at 2008-01-29 12:10 x
「シザーハンズ」ははインパクトありましたね。おもろうてやがてかなしき・・・・・みたいな。
ティム・バートン作品も大好きですが、私はラッセ・ハルストレム派。「ギルバート・グレイプ」「ショコラ」、沁みます。
<< ある日の信号待ち 朝まで生テレビ、見てま~す! >>