カテゴリ:小ネタ( 53 )
b0085526_8341929.jpg


くだらないものがいろいろあったので。

「男」も「侍」も「本舗」も、
おそらくプリンから一番遠いところに存在するフレーズですね。
あえてそゆのを持ってきて目を引く作戦なんでしょうけど、
そして、目を引くことには成功してるんでしょうけど、

・・・・・・・・・食指が動かないのはなぜだろうw


ジンギスカンは、あんまりいらんことしようと思わないで、
本来のジンギスカンのままでそっとしておきましょうよー^^;

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2009-02-19 08:45 | 小ネタ | Comments(1)
スピーカを買いました ..... ヤフオクで落札しました。

b0085526_2295354.jpg解りやすい音です。

デスクトップにはOK!

期待していなかったのですが .....

JBL らしいかも知れない?

そう言えば、Micro Solutions のカナル型イヤフォーンも買ったっけ! 何故か、「音」づいています。 いや、そんなことはない! Pugsley も組み立て中だし .....

やばいッ! 浪費癖が頭をもたげだしたぞ。(って、そんな高いものは無い! はずですが?)

先日、要らない家具を引き取りに来てもらった時 .....

1. Paul Reed Smith SANTANA Ⅰ
2. Paul Reed Smith Custom 24 1st
3. Gibson ES-175
4. Fender Custom Shop

の 4 本でいくらになるか? 聞いてみた!

連絡が入って、委託でオークションに出品したいとのこと ..... そんなぁ?

値段を調べてみたら、SANTANA Ⅰ が 139 万円 .... そういえば、全世界限定 100 本しか作られておらず、サンタナは現在も使用中! 今の SANTANA Ⅲ は思いっきり安い値段(いい木が手に入らないので、どうしょうもないらしい)なので、売らなくて良かったなぁ〜!(「 4 本で○○○万円」と言ったのに、買わないからだよーッ)

SANTANA は勿体なくてほとんど使っていないから新品そのもの(前出のモデルは「年代の割にはきれい」)..... Custom 1st だって綺麗だし(主に Fender を弾いていた)、Gibson も現在の安っぽい塗装とはぜんぜん違います!

ケースを開けて見ていると、美しい ..... 美しすぎます! ウットリしてしまう。バブルの時に、思いっきり買ったもんなぁ。 いい買い物をしたんだと思います。

昨夜、ススキノの某所で某大学の先生とギター談義になって、この話をしたら ..... 「いやぁー、STEINBERGER だったら欲しいなぁ」 .....

先生、持っているんですよ STEINBERGER も! それも、Klein を!( Klein は超超レアで存在すら知らない人が多い)

.......... 先生、あんぐりです!

バブル ..... もう一回、来ないかな?

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-01-16 23:00 | 小ネタ | Comments(2)
【注意:別のホームページから昔の記事を引用しています】

嶋田 忠さんのこと

 掲示板に嶋田忠さんのことを書いたので..... 
 
 コマーシャル・フォトを生業としていた頃、ベースボール・マガジン社の依頼で撮っていたアイス・ホッケーの写真と鳥の写真が僕の趣味でした。(写真屋の趣味が写真というのも情けない話ですが) 
 
 アイス・ホッケーの写真は名門苫小牧東高校(全国制覇9連覇、国体で明治大学を破ったという輝かしい成績)時代にアイス・ホッケー部でしたから、実業団の選手やら監督が先輩後輩の仲でロッカールームにまで入れたのと、ある程度ゲームの先が読めるので、まぁ良いショットが撮れたかな?(当時スポーツ・カメラマンが200mmで勝負していたのに、300mmを振り回していたのは僕だけで、世界選手権の取材ではCanonから発売前の400mm/F2.8を借りたんですが、さすがにこれは使いこなせませんでした) 
 
 そんな時、千歳に移り住んできた嶋田さんと出会いました。(彼は僕がアイス・ホッケーを300mmで撮っていたのを注目していたそうな) で、彼の写真の凄いことをお話しましょう。 
 
 嶋田さんは写真集を創るときに、全てのページの絵コンテを最初に描きます。NHK等で彼が鉛筆でスケッチしているのは本当の話で決してヤラセではありません。 
 「シマフクロウ」の写真を撮るときにも、「最初の見開きは眼だけのアップだなぁ.....」とスケッチを見せられた時には「幻の鳥のドアップを本当にやる気?無理だよ!そんな。」と思っていたのですが、写真集が出来上がった時には正にラフ通りで.....唖然としてしまいました。 
 
 動物写真は、ある意味で幸運の1ショットのためにどれだけ多くの屍が累々と犠牲になるかと僕は思っています。(だって、僕は愛犬の写真を撮る時だってスケッチなんか描かないし、描いたって撮れないんだも~ン) 
 でも彼は、写す鳥の生態を徹底的に調べ上げ、何の違和感も持たせないでその鳥たちの目の前にどうやったらカメラを設置できるかを考えることにエネルギーと頭を働かせます。 
 彼が僕に「コマーシャルのライティングを教えてくれ」と尋ねたことがあります。「どうやったら、あんなに商品を際立たせることができるのか」美しいインパクトを強烈に表現したいと思ったそうです。動物写真にですかー?そんな無茶な「ハイ、笑って~」って鳥たちにやるんですか?(馬鹿じゃないの?でも○○と天才は紙一重と申しますので.....) 
 
 「最初に言葉ありき」で、彼は最初にイメージを描き膨らませ、そのイメージをどうやって映像化できるかというR&D技法というか僕の会社のエンジニアのようなアーティストといえます。 
 
 尻切れですが、第一部終了。さて次回は、いよいよ嶋田忠の核心に迫る【「火の鳥アカショウビン」はこうして生まれた】と【その人物像、彼の知られざる一面】をおおくりします。乞うご期待!

…2001/06/20…
[PR]
by noru_nao | 2008-10-21 09:38 | 小ネタ | Comments(0)
昔のホームページに書いていたことを読み返しました。
「へぇー、こんなこと考えていたんだ」と思わずビックリ! 気に入ったのを少しずつ紹介 ..... しばらくお付き合いください。


葉隠(はがくれ)

 僕のルーツは佐賀県らしい。ほとんどの北海道人がそうであるように、祖父の代に屯田兵として札幌(琴似)に入植したらしい。 
 
 佐賀県は『葉隠』を生んだ鍋島藩であり、『葉隠』には二つのことが書かれている。「武士道といふは死ぬことと見つけたり」と「恋の極意は忍ぶ恋」という悲愴な人生観である。 
 
 「武士道というは死ぬことと見つけたり。別に子細なし。胸にすわって進むなり。毎朝、毎夕改めては死に死に、常住死になりて居る時は自由を得、一生落度なく勤めるものなり」、「武士道は死に狂いなり、気違いになりて死に狂いするまでなり。武道にて分別できれば遅れるなり。忠も孝も要らず、武士道においては死に狂いなり。忠孝はおのずから籠るべし」、「今日、討死、今日討死と必死の覚悟を極めれば一生賎しき振る舞いあるべきや、よくよく工夫つかまるべきことなり。何事も成らぬということはなし。一念起こると成らぬということはなし。天地を動かすというもただ一心のことなり」 
 
 「葉隠」は秘本扱い、秘密の書である。葉隠の冒頭に「この始終一一巻、追って火中にすべし、世上の批判、諸氏の邪正推量風俗まで、ただ自分の後学に覚えおり候とて、話のままに書き付け候へば、他見の末にては遺恨悪事も出づべく候、堅く火中に仕り由、御申し候也」とあり、燃やしてしまえと述べている。 
 
 葉隠は江戸時代にも公然と語られることはなく否定された本である。江戸時代に否定された本が昭和の時代に復活し、日本国民に多大の犠牲を強いる本となったのは残念なことである。(為政者によって『憂国の士』の魂とされ、多くの兵隊が戦場に駆り出された) 
 
 興味があれば、ルース・ベネディクトというアメリカのおばさんが書いた『菊と刀』を読むことをお薦めする。アメリカが対日戦のバイブルとした本で、この本のおかげでアメリカの占領戦略が最低限ですんだと僕は思っている。(勿論「菊」は天皇、「刀」は武士道を意味する) 
 
 さて、「恋の至極は忍ぶ恋(しのぶこい)と見立て候。一生忍んで思い死にすることこそ恋の本意なれ」と書かれているのは、本当に好きな人なら「幸せにしますから、結婚してください」などと軽々しく言葉に出すものではない。何が起こるか判らない世の中であり、努力をし尽くしてもその人を不幸にしてしまうことだってある。想いを決して表わすことなく、一生見守ってやることこそ本物の恋だと説いており、ハッピーエンドを迎えることのない日本版シラノ・ド・ベルジュラックである。

…2001/05/30…
[PR]
by noru_nao | 2008-10-21 09:21 | 小ネタ | Comments(0)
上海カルフール(フランスの大手スーパー)の京劇グッズコーナーみたいな
とこで売られているサンバイザーらしい。

b0085526_1281498.jpg


・・・・・・誰か、これ、実際に使用するんでしょうかね?中国では。

妹に「おもろいから、買って送ろか?」と聞かれたのだが、
非実用的なのは明白なので断った。
ヤツは買ったらしい。しかも、男女両方。ばか。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-07-15 01:31 | 小ネタ | Comments(0)
夫への上海みやげとして買ったTシャツがようやくデビュー。
b0085526_1851925.jpg

さて、このプリント、







b0085526_1853979.jpg

カーネルサンダースではなく、







b0085526_1855213.jpg

虚をついて、チェ・ゲバラでしたw

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-07-06 18:22 | 小ネタ | Comments(1)
こんなとこで作ってたかー。どうりで複雑な作りだと思ったー。
b0085526_21383477.jpg

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-05-22 21:46 | 小ネタ | Comments(2)
こんなとこにありましたよ~、あれ。
b0085526_22331.jpg

b0085526_2214625.jpg

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-04-10 22:07 | 小ネタ | Comments(4)
今日になったら、こんな垂幕が。
b0085526_16114982.jpg
どっちやねん ^^;

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2007-11-30 16:13 | 小ネタ | Comments(0)
b0085526_15164043.jpg
スパ、じゃなく?

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2007-11-29 15:17 | 小ネタ | Comments(1)