カテゴリ:街のあれこれ( 399 )
今朝のサイクリング、ようやく真駒内運動公園を廻って、以前のトレーニングペースに戻すことができるようになりました。

手術前までは、走り出すと「ヒューッ」と冷風を感じた札幌の気候も、頬を伝う汗が落ちるこの頃。それでも、内地の人に言わせれば、「これで暑いって?」と怒られるに決まっています。

帰り道で「ギリギリギリーッ」とキリギリスの初鳴きを聞きました。(「初鳴き」ということばがキリギリスに当てはまるのかな?)

b0085526_13214236.jpg北海道の秋は足ばやにやってきます。

お盆を過ぎるころには、朝晩の気温は10℃台へと下がり、長袖が ..... そろそろ、用意しておかねばなりません。


《 来年、ホノルル・センチュリー・ライドを走りませんか 》
昨夜、IT関連の社長たちとススキノで会食したおり、自転車の話で盛り上がりました。「俺、行こう」、「俺もカミさん連れて行く」、「自転車は乗る気ないけど、応援に行く」、某協会の理事も多く参加されていますので、「協会でみんなを誘おう」 ..... そんなに大げさにして ..... 俺、知らなーいッと!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-08-09 14:12 | 街のあれこれ | Comments(0)
昨日は痛かったです! 術後、部屋に戻って眼が覚めると同時に、「♪やってきました、おっかさん」痛みの波が断続的に押し寄せてきます。吐き気がするほどの痛みで、正直、後悔しました。

痛み止めが効かず、座薬も注射もダメッ! ..... これって、この病院で使っているのが合わないかも知れません。でも本当は、「ピタッ」と一発で止まるヤツがあるんです。「ペイン・クリニック」では常用するのです(これを打つと、たちまちルンルン気分で楽しいほど ..... 中毒にはほど遠い量ですのでご心配なく)が、一般的な外科では副作用を恐れて使わないのだろうと思います。

回診の時に、医師が「薬が効かなくてスミマセン」と謝っていましたが、僕が医療用具の開発会社なのを知っていて、院長はじめ、身体のことよりもビジネスの話になってしまいます。また、先生や看護士さんの中には、「これ、Macですねぇ。いいなぁー」とか「これがMacですか」と、Macくん、大人気! ..... なんじゃらホイッ、お医者様関係は本当にMac好き?

僕の持論は、「頑張って生き続けられるのなら、痛いのは我慢する」、「どうせ、生きられないのなら、麻薬でも何でも許すべき」でしたが、ここに訂正します。

病気を治すために病院へ行き、手術をするのであって、現代医学たるもの、「痛み」を患者に強いてはいけない。お医者様も「強いてる」訳はないのですが、「無痛手術・無痛入院」ぐらい、できるだろー、やる気になればッ! ねぇ。(「強いる」ではなく「我慢させる」かな?)

「あ、痛てててッ」、 ..... また痛くなってきました。 チクショーめ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-20 18:54 | 街のあれこれ | Comments(1)
「鼠径ヘルニア」の手術のため昨日から入院です。最も多く用いられる手術法が「メッシュプラグ法」で、ポリプロピレン製の傘状のプラグ(栓:通称「パラシュート」)を、小腸などが出てくる筋膜の弱い部分に入れて腸などが出てくるのを防ぎます。(この病気を説明するのに使われてるイラストが、「タイヤの破れている部分からはみ出すチュ−ブ」 ..... 運命的なモノを感じますねぇ)

さて、第一日目のお仕事?は剃毛処置!

担当のナースさん、「剃毛しますので、この後、シャワーを浴びてください」 ..... くるとは思っていましたが、やはり来ましたねぇ。(確か、「自分で剃りますか?」というのがあったはずなのに)

シェイビングクリームを塗ったと思ったら、「ブーン」? 電気カミソリ! なんですね。

最初は患部からへその廻りにかけて動いていましたが、いきなりパンツをグィッと下げられて ..... 「えッ」、「そこまでェッ?」 ..... 「あーぁ、この人いくつぐらいだろう? 30代? 女性の歳は判りません」。

「ひざを立ててください」 ..... とうとう、「ケツの毛」どころか「おいなりさん」の毛まで剃りだしました ..... 「はい、終わりました」。
シャワーを浴びながら、マンガで勃起するヤツを思い出しましたが、若い奴なら、ハイ、確実に。

さーて、今日はいよいよ手術。続きの「痛い、痛い、痛いよーッ」は、あしたの心だッ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-19 06:30 | 街のあれこれ | Comments(0)
今年も中島公園では、賑やかしく札幌まつりの縁日が開かれた。
正式には北海道神宮例祭というらしい。
どうして、神宮からこんなに離れた場所に露店が並ぶんだろう?
家のすぐ近所なので、毎年、主婦仲間とひやかしに出かけている。
いくつになっても、お祭りは楽しいもんです。

主婦仲間のお気に入りは、オートバイサーカス見世物小屋

巨大な樽(桶かな?)型の内側を、ぐるぐると走り回るぐっさん似のライダー。樽の上縁から、客が中を覗き込むようにして観るように作られている。バイクも怖いけど、隙間だらけの板張りの足場もかなりスリリング。客が千円札を持った手を樽の内側に伸ばすと、ライダーはかなりのスピードのまま(もちろん、スピードをゆるめたら地面に落下するし)それを掴みに眼前まで迫ってくる。おいおい、まかり間違って、飛び出して来ないよな。轢かれないよな。小心者の私は心臓ばくばく。来年はハートレートモニターつけて行ってみるかな。

見世物小屋は、私は今年は遠慮した。例年、付き合って入りはするものの、蛇にかみつく姉さん(一昨年まではばあちゃんだったけど、去年若返ったのだ)とか、鼻にヒモを通してバケツを持ち上げるとか、ろうそくを舌にたらすとか、顔を覆った指の隙間から見ているうちに、だんだん気持ち悪くなってくる。なんで金払ってまで観なきゃなんないかねぃ、と密かに思っていたものだ。友人のひとりは外で待つ私を慮ってか、早々に出てきてくれたが、残りの二人のおばちゃんが待てど暮らせど出てこない。2クール粘ったんじゃなかろうか?出てくるなりハイテンションでまくしたてる。「すごいのよ~、こ~んな太い大蛇、首に巻いてるのよ~」。
何が面白いんだ、そんなもんっ。

b0085526_23224140.jpg


写真は読んで字のごとく、お化け屋敷です。今どき、このテイストのイラストが見られるのはお祭りくらいのもんかも~。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2006-06-16 23:28 | 街のあれこれ | Comments(1)
ジャーン! 「さがれ、さがれ、下がれーッ!この紋所が目に入らぬか」

仕事で知り会ったカザフスタンの友人がいます。
先日、彼の奥さんが帰国した時のお土産をいただいてしまいました。

♪ "From Russia with love I fly to you ..... " 何故か、「007 ロシアより愛をこめて」です。ジェームス・ボンドは青い缶のキャビアしか食べませんものね。

b0085526_16295187.jpg「ロシア大使主催の晩餐会では、テーブルのセンターに山盛りされたマロッソル・キャビア(malossol)を、紳士淑女が我先に食したといいます。それほどの美味な魅力がマロッソル・キャビアにはあります。現在は保存の利く塩漬けキャビアが普及していて、薄塩のマロッソル(malossol)には、めったにお目にかかれません」 (出典:王壮快の健康日記)

キッパリ、「MALOSSOL」です!

徒然草にも、「物をくれる友は好ましい友」とあるように、..... いい人だぁ~。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-05-26 16:52 | 街のあれこれ | Comments(1)

個人的には、あまり、ふれあいたくないです。
b0085526_19165649.jpg



それにしても、携帯のカメラがしょぼいのか、私の腕のせいなのか・・・・・。
たぶん、その相乗効果ですね。今度から、ちゃんとカメラ持ち歩きます。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2006-05-23 19:19 | 街のあれこれ | Comments(2)

上海(に赴任中の日本人)に嫁いだ妹が帰省しました。
妹夫婦の趣味は旅行。ペルーだの、ギリシャだの、マイナーなところばっか。
いつもお土産にと とほほな キッチュなグッズを見つけてきてくれます。

このGWにはチベットを周遊したんだそうな。
そのお土産がコレ。

b0085526_3173222.jpg


パンチェン・ラマ10世。
チベットにおいて、ダライ・ラマに次ぐ重要な存在で、阿弥陀仏の生まれ変わりだとか。
ブロマイドになるほど、チベット中に人々に愛され、大切にされているそうな。

まあ、人物はどうでもいいとして、この大胆不敵なコラージュを見てくださいよ。
コラージュと言っていいのかどうか、肩から下、完全に描いてますよね
ほんとに大切にしているのか、チベットのひと。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2006-05-12 00:10 | 街のあれこれ | Comments(1)
b0085526_15264263.jpg
散歩に出かけて見つけた、とある製菓会社の窓ですが ..... 一瞬、ドキッとさせる光景です。

どうして、外へ向けて並べているのか?

何をアピールしたいのか?

水着のコレクションの自慢?

曇りガラスだし。 ..... チョッと、サービス?

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-05-06 15:29 | 街のあれこれ | Comments(1)

b0085526_11464383.jpg


とあるショッピングセンターで見つけたスペースです。見にくい写真ですいません。

昆布屋(プロショップがあるってのも、ある意味すごい)の一角に
墨も黒々と「お父さん預かります」の看板。

中には大きなテーブルと椅子、壁に昔の生活用品のようなものが展示されて、
お父さんのヒマつぶしに一役買おうという魂胆らしいです。

預けられているお父さんの姿を想像すると、目頭が熱くなります←ホントか?
スーパーにおけるお父さんの地位向上を願ってやみません。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2006-04-29 11:48 | 街のあれこれ | Comments(0)