<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
夫が無事社会復帰を果たし、私もホっと一息ついているところ。わざわざお見舞いくださったみなさまには、退屈している夫の話し相手をしていただいて、心から感謝いたします。夫だけでなく、私も大変助かりました~、ありがとうございました^^

昨年から父が入退院を繰り返し、今年になって夫が二度入院、犬たちも年齢のせいか、あちこちに不具合が出てきている。上海の妹も気管支炎が長引き、わざわざ帰国して受診するほど。ありゃりゃ、こう書いてみると私のこの一年って病院三昧だったのね^^; それでも、みんな大事にも至らず、無事に「普通に」暮らしている。思えば本当にありがたいことだ。

もとい、「普通」じゃないな。
きっと私は普通よりもずっとシャーワセだ。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-28 10:41 | 妻のあれこれ | Comments(2)
今日から、職場復帰しました。森進一の襟裳岬、「♪日々の暮しは いやでも、やってくるけど、静かに 笑ってしまおう ..... 」。

そうなんです。日々の暮らしに楽しいことなどないし、まして仕事にそれを見いだすことなんて到底できません。でも、「日々の暮らし」こそが人間の生きる証であり、日々のルーチンワークを確実にこなす体力と精神力 − 入院と療養で「普通であること」の素晴らしさを、噛み締めることができました。(入院中に見ていたDVDが偏っていたかも?)

b0085526_15373834.jpgたくさんの趣味があって、日常生活の変化を楽しむ知恵もあります。今年からはじめたバイクですが、自転車乗りの先輩達が羨むマシンも手に入れました。

一緒に走ってくれる嫁も理解があり、これからも色んな楽しみを二人で見いだしてゆけることと思います。

「♪寒い友だちがー訪ねてきたよ、遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ〜」、友が訪ねてきてくれる人間でいられますように。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-27 15:44 | 自転車 | Comments(1)
b0085526_20711100.jpg読み物だけではつまらないだろうと、嫁が「ツール・ド・フランス」7Year Box<1985-1991>を買ってきてくれました。

20年前と現代のバイクの違いにビックリです。素材やデザインだけでなく、ヘルメットやビィンディング・ペダル、何よりもSTIレバーが発明されていない!

この後、アルミが自由に操られ、そしてカーボンが出現するわけですが、バイクを漕ぐ人間の足だけは変わりません。そして、選手をサポートする観客たちの心意気 ..... 今よりも、かなりホットな気さえします。(ヨーロッパの人間の心に、東洋の小国が入り込む余地は無いのかも知れません)

NHKの映像も悪く、全体の構成にも物足りなさを感じるのですが、ツールを取り巻く環境の素晴らしさに感激してしまいます。美しい景色を感じます。レースを通じて、人の息吹が伝わってきます。

パリの街並み、田舎の風景、何よりもピレネーやアルプスの美しさに、「行ってみたい。バイクで走り、写真を撮ってみたい」。

妻よ、ワイキキを楽しんだら、次はヨーロッパだ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-26 20:08 | 自転車 | Comments(2)
無事、退院できました。 ..... 「やっぱり、我が家が一番!」です。狭いながらも楽しい我が家で、ケイオスとグランがいる風景が和みます。

b0085526_8224256.jpgさて、写真はEquinoxくんのハンドル周りですが、タイム・トライアルやアイアンマン・レースで使われるダウンヒル・バーを装着しています。

風の抵抗を少なく、ひたすら身を小さくして(大きな図体がどこまで小さくできるのか?)、ゴールへ向かって漕ぎ続けます。

(本物の)アイアンマン・レースとは、世界7ケ所でしか行われません。スイム3.9km、バイク180.2km、ラン42.195kmを連続して行う、非常に過酷なレースゆえに鉄人レースと呼ばれます。そして、各レースで上位の成績を残した者だけが、その頂点であるハワイ大会に出場できます。

鉄人になれる自信がないので、とりあえず「ホノルル・センチュリー・ライド」を嫁と二人で目指したい ..... 「センチュリー・ライド」、文字通り100マイル(約160km)走るわけですが ..... 走れるのか? ワ ・ カ ・ ラ ・ ン

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-25 08:49 | 自転車 | Comments(2)
術後の経過も良いので、月曜日に退院と決まりました。

b0085526_14271685.jpgそうなると、
しばらく控えていた例のやつを ..... 早朝サイクリングを復活して、ダイエットの遅れを取り戻さなくっちゃーッ。

早く乗りたいのですが、歩くだけでも「痛テテテッー」突っ張って、とても痛いのです。

先生は、自転車をママチャリだと思っているし(多分)
..... 自己責任で行くしかありません。(日常の生活でも当たり前のことですが)

来週一週間は様子を見て、8月からでしょうか?

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-22 14:45 | 自転車 | Comments(2)
昨日は痛かったです! 術後、部屋に戻って眼が覚めると同時に、「♪やってきました、おっかさん」痛みの波が断続的に押し寄せてきます。吐き気がするほどの痛みで、正直、後悔しました。

痛み止めが効かず、座薬も注射もダメッ! ..... これって、この病院で使っているのが合わないかも知れません。でも本当は、「ピタッ」と一発で止まるヤツがあるんです。「ペイン・クリニック」では常用するのです(これを打つと、たちまちルンルン気分で楽しいほど ..... 中毒にはほど遠い量ですのでご心配なく)が、一般的な外科では副作用を恐れて使わないのだろうと思います。

回診の時に、医師が「薬が効かなくてスミマセン」と謝っていましたが、僕が医療用具の開発会社なのを知っていて、院長はじめ、身体のことよりもビジネスの話になってしまいます。また、先生や看護士さんの中には、「これ、Macですねぇ。いいなぁー」とか「これがMacですか」と、Macくん、大人気! ..... なんじゃらホイッ、お医者様関係は本当にMac好き?

僕の持論は、「頑張って生き続けられるのなら、痛いのは我慢する」、「どうせ、生きられないのなら、麻薬でも何でも許すべき」でしたが、ここに訂正します。

病気を治すために病院へ行き、手術をするのであって、現代医学たるもの、「痛み」を患者に強いてはいけない。お医者様も「強いてる」訳はないのですが、「無痛手術・無痛入院」ぐらい、できるだろー、やる気になればッ! ねぇ。(「強いる」ではなく「我慢させる」かな?)

「あ、痛てててッ」、 ..... また痛くなってきました。 チクショーめ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-20 18:54 | 街のあれこれ | Comments(1)
「鼠径ヘルニア」の手術のため昨日から入院です。最も多く用いられる手術法が「メッシュプラグ法」で、ポリプロピレン製の傘状のプラグ(栓:通称「パラシュート」)を、小腸などが出てくる筋膜の弱い部分に入れて腸などが出てくるのを防ぎます。(この病気を説明するのに使われてるイラストが、「タイヤの破れている部分からはみ出すチュ−ブ」 ..... 運命的なモノを感じますねぇ)

さて、第一日目のお仕事?は剃毛処置!

担当のナースさん、「剃毛しますので、この後、シャワーを浴びてください」 ..... くるとは思っていましたが、やはり来ましたねぇ。(確か、「自分で剃りますか?」というのがあったはずなのに)

シェイビングクリームを塗ったと思ったら、「ブーン」? 電気カミソリ! なんですね。

最初は患部からへその廻りにかけて動いていましたが、いきなりパンツをグィッと下げられて ..... 「えッ」、「そこまでェッ?」 ..... 「あーぁ、この人いくつぐらいだろう? 30代? 女性の歳は判りません」。

「ひざを立ててください」 ..... とうとう、「ケツの毛」どころか「おいなりさん」の毛まで剃りだしました ..... 「はい、終わりました」。
シャワーを浴びながら、マンガで勃起するヤツを思い出しましたが、若い奴なら、ハイ、確実に。

さーて、今日はいよいよ手術。続きの「痛い、痛い、痛いよーッ」は、あしたの心だッ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-19 06:30 | 街のあれこれ | Comments(0)
夫は今日から名古屋。
今日の札幌は30度になった模様。湿度が高くて、もっと暑く感じましたけど。
名古屋はさぞや、夫の身に堪えたことでしょう。気の毒に^^;

さて、今日は豊平川の花火大会。
ススキノ周辺のお店は、こぞって露店を出している。
石狩街道沿いの某ホテルは正面玄関前にかき氷の機械を二台も出して、
きっと、花火大会へ向かう人ごみを当て込んでいるんだろう。
だけど、ワイシャツに蝶ネクタイのおじさまが立ってても、ねぇ?
風景にそぐわないこと極まりない。暑苦しいったらありゃしない。

たったひとりでゆっくりゆっくりと河畔へ向かうおじさまを見かけた。
白髪混じりの髪を五分刈りにして、浴衣のたもとを肩までまくり上げて、
角帯の結びにはうちわをはさみこんで。いやぁ、粋だねぃ。
まるで浅草にでも来たような風情だねぃ。いいもんだねぃ。

夫もたぶん浴衣や着流しが似合うキャラだと思うんだけども、
う~ん、来年あたり、浴衣にチャレンジしてみませんか?>だんな様

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-14 21:23 | 妻のあれこれ | Comments(0)
夫の自転車熱がますますエスカレートする今日この頃、小ネタで少々クールダウンを図るのも妻の役回りかと。

ずっとワールドカップをテレビ観戦していた。どことの試合だったか、ブラジル戦で実況アナが「視野の広いロナウジーニョっ!」と言ったのを聞いて、「目、離れてるからねー」と思ったのは私だけではあるまい。

すっごくお腹がすいているときにコンビニでお弁当を買うと、お惣菜やらサラダやらのサイドディッシュをわんさか買い込んでしまう。レジで「お箸は何膳おつけしますか?」と聞かれ、つい「二つお願いします」と答えてしまい、エコロジーを取るか、女心を取るかで毎回逡巡している。

以前、他にも書いたことがあるネタ。ヒトデだったか貝毒だったか、なんかの被害にあってインタビューに応じた漁業関係者の発言、「三年かけて育てた天然のホタテ」が未だにやっぱりどうしても腑に落ちない。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-10 21:05 | 妻のあれこれ | Comments(2)
b0085526_8462370.jpgこの「ヌメェー」とした感じがたまりませんねぇ。(カーボンでなくとも、この塗装はできますが)

自転車に嵌まって、カーボン狂いしています。

何なんでしょう?カーボンの魅力って。

炭素繊維を加工することで鋼鉄の何十倍もの強度を持つといいますが、引っ張り強度だけで曲げや圧縮には脆い面があります。ダイヤモンドも炭素、..... 炭だ!匂いを消すのも炭、ご飯を美味しくするのも炭、 炭は凄いッ。 炭を研究しよう。 もっと、炭を!

何か、違ってないか?

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2006-07-10 09:00 | 自転車 | Comments(5)