<   2008年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
散歩中に目新しいものが見つけられなくて、雪景色にすこーし食傷気味。それでも、たまに、こんなオカシなものが目に飛び込んでくると、やっぱり撮ってしまうのですねー。おそらく藤棚かなにか、格子状のものに降り積もった雪。
b0085526_203438.jpg


で、こんなものも撮ってしまうのですねー。ビミョーに渡哲也な夫。
b0085526_205719.jpg

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-30 20:09 | 街のあれこれ | Comments(1)
犬がいるお陰で、休日は散歩に連れて行く。(僕は休日だけで、いつもは嫁が頑張ってくれています)

嫁が写真を撮りだしたことで、カメラを持って出かけることが多くなりました。

b0085526_15243114.jpg先週の大雪で冬らしくなった札幌

先週の降雪量は67cm。

雪が降るとフォトジェニックですが、

生活はタイヘン .....

「でも、そんなの関係ねぇッ!」最近は聞かなくなりました

ニコンから18mm−200mmというレンズが出て便利になりました。これ一本で、ほとんどの被写体が間に合ってしまいます。(嫁の常用レンズとなりました)

僕が職業写真家だった頃と変わったのは、オートフォーカス+高倍率ズームレンズ+デジタルで、これらのイノベーションで写真を撮ることが本当に簡単になりました。

これって、とても良いことです!(技術屋さんに大感謝)

b0085526_1534335.jpg新しい視点とセンスで、

嫁に負けっ放しの僕ですが、

彼女の作例を真似て .....

どうでしょうか?

やはり、真似は良くないですね。 反省ッ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-29 15:43 | 街のあれこれ | Comments(0)
b0085526_155251.jpg何やってんの?

顔がヘンになってるよ!

グランは雪が大好きで、雪の中に顔を埋めるのがとても嬉しいらしい。

いつもはフカフカ雪に潜るのですが?

b0085526_158919.jpg除雪された歩道の雪の壁

雪に隠れた異物にぶつかって、

「キャン」と鳴きます。

お間抜けで、とても可愛いのです。

「バカな犬ほど可愛い?」もので、期待したりします。

b0085526_15195048.jpgネッ

間抜けでしょ。

たまりませんなぁ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-29 15:21 | 犬のこと | Comments(2)
b0085526_14453637.jpg犬の散歩に行くと、

しつこく鳴いてるカア公がいる。

逃げないので写真に撮る。

こんなにアップだ

ざまぁ見ろッ!

カラスは動物界でも抜群の知能を誇り、10ぐらいまでなら数を数えることもできる。
ただ、その容姿が不気味なことで忌み嫌われるのだが ..... こんな顔ならカワイイ .....

b0085526_14501363.jpgウーむ、

こともないか?

カラスが瞬膜を下ろしたところは、

やはり、気持ちが悪い!

犬にも瞬膜があって、寝ているケイオスは「魔犬」のようで気味悪〜ッ .....

水に潜る時なんかは凄く便利だと思うのだけれど、どうして人間にはないのだろう?

(夫)

P.S.
街中には(主に)ハシボソガラスとハシブトガラスがいる。「カァ」と鳴けるのはハシブトガラスで、ハシボソガラスは「ガァ」としか鳴けない。

ある日、「ガァ」と鳴いたカラスがいたので「ハシボソだッ」といったら、「ハシブトはガァとも鳴けるんです」と日本野鳥の会の御仁

..... 「カァ」と鳴いたら間違いなく「ハシブトガラス」である。
[PR]
by noru_nao | 2008-01-29 15:01 | 街のあれこれ | Comments(0)
b0085526_2211392.jpg

コンデジで撮ってみました。

ぐぅの耳が立っているのは、何か気になる音が鳴ったんでしょうね。
まったくボルゾイの影じゃなくなってます。おばかかわいい。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-28 22:14 | 写真 | Comments(0)
夫が雪が積もりまくった夜の街も面白いかもと、犬の散歩にD2Xを持って行った。夫がいつも書いているように、本当に感覚って人それぞれ。目を留める対象そのものも違うし、同じものも切り取り方がまったく違う。

そして、面白かったのが、画像処理の好みも違うということ。彼はよりリアルを追求し、私はイメージを優先してしまう。

うまいとかヘタとか、キャリアがどうとか、夫と私ではもう歴然なのに、それでも写真には正解がないから一緒に楽しめるのかも知れないね。
b0085526_2333305.jpg

b0085526_23433292.jpg

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-26 23:47 | 写真 | Comments(5)
利口な人たちが、さらに利口ぶって ..... 口角泡を飛ばしています。

「種の繁栄」という生き物の宿命を背負ったDNAは、留まるはずがないのに、「京都議定書に参加しないアメリカはけしからん」、「今年中に、中国は世界最大のCO2排出国になる」と、目くそが耳くそを非難しています。

毎日倍々に増える蓮の葉が池を覆うのは、池の半分を覆った翌日のことです。世界がブレーキを踏む時期を逸したことは間違いなく、 ..... 詰まる所、行くとこまで行くでしょう。

神がいるなら、出てきて欲しい!
天才がいるなら、論理を示して欲しい!

形はどうであれ、奇跡の星「地球」の破滅を招くのが人間だとしたら、やはり罪深い生き物なのでしょう。衆生は無明、人間は生まれながらにして罪を背負っているというのは .....

田原総一郎はじめ参加者の先生、「無駄なエネルギーを使わないよう、こんな番組はやめてしまおう」と言えたらあなた方は本物でしょうが、局差し回しのハイヤーで、行きも帰りもふんぞり返っている姿が浮かんで仕方ありません。

誰か、叱ってやる奴はいないものか?

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-26 03:17 | その他 | Comments(4)
b0085526_22235137.jpg


小学生の頃、毎年夏休みを母の実家で過ごした私は、兄のように慕っていた8つ年上の叔父にたくさんの影響を受けた。彼のレコードコレクションの中に、ピアノ譜を模したアルバムジャケットを見つけ、私はそのビジュアルに強烈に惹かれた。見慣れたモノを全然違うカテゴリで見つけた嬉しさだったのかも知れない。毎日のようにターンテーブルに乗せ、もうどの曲もそらで歌えるくらいになった私に、叔父は苦笑いしながら、「持って帰れ」とそのアルバムをくれた。

もうおわかりになったと思います。
ユーミンのデビューアルバム、「ひこうき雲」。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-25 22:54 | 写真 | Comments(4)
札幌はものすごいお天気ですが、みなさま、ご無事ですか~?
この大雪の中、朝から父の転院で大騒ぎ。引越しのような荷物を抱えて(青汁の粉末を何箱買いこんでんねんっ、一番でかいモンダミンを買うなっ、しなびたみかんは捨てろっ、病院食の小袋しょうゆを貯めこむなっーetc、etc・・・・)、今まで暑すぎるくらいの病室にいた病人をかばいながら、、私はボストンバッグやトートバッグを5個なのに父は手ぶら、車を動かすたびに雪を下ろし、あちこちでやや斜めに走行する(ザクザク雪でタイヤを取られるんですねー)車とヒヤヒヤしながらすれ違い、自分も斜めになりかけて逆ハンドルでなんとか立て直し、青息吐息で新しい病院に到着。

病院では、矢継ぎ早にいろいろな指示が出され、理解力のちょと衰えた父に噛み砕いて説明し、先生と今後の治療について相談し、引越し荷物をキャビネットに無理やり押し込み、「犬がトイレ我慢してるから帰るでー」という私のセリフを聞こえないふりでやり過ごそうとする不安げな父を振り払って帰宅。

今度は吹雪の中、犬の散歩。今日はさすがにカメラは無理。トイレだけ済ませてとっとと帰ろうと思ったら、裏通りでスタックして動けない軽自動車。私じゃ無理だろうなーと思いつつ、押してみたら割とすぐに動いてくれて(どんだけチカラ持ちやねん>アタシ)、つないだ犬に降り積もった雪を払い、散歩終了。

今日はもう何もしたくありません。へとへと。

さっき、前の病院から「おとうさん、靴下かたっぽお忘れになってますけど、どうします?」とお電話をいただき、どうでもいい靴下なら処分してくださいと言いたいところだけど、父のお気に入りのあったか五本指、かわいそうなので「明日取りにうかがいます」と言いました。へとへとの追加。



昨日、へんな姿勢のスズメが撮れました。
b0085526_13485445.jpg

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-24 14:29 | 写真 | Comments(2)
b0085526_11202220.jpg嫁風に

街の風景を

切り取ってみましたが、

..... なかなか

巧くいきません。

これが、

どうしてなのか?

形は真似できても、

雰囲気なのか

空気感なのか

センスなのか ..... 何なのでしょう?

その昔、高名な写真家が来道された時、若いカメラマンが同じカメラと同じレンズで挑みました。(というよりは、真似してみた?)

立ち位置と構え方まで同じでも、彼の撮った写真はダサくつまらない写真、でも、写真家の撮った絵は液晶の中でイキイキと輝いて見えました。

「あと20年経ったら、君もいい写真が撮れるようになるよ」と慰めましたが、 ..... どうかな?

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2008-01-22 11:32 | 写真 | Comments(0)