<   2008年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧
上海から妹が帰国している。コンデジで旅行の記録写真を撮りまくる妹に、デジイチを体験させてみた。←悪魔のささやき、ともいう。

彼女が撮影したガラスのおひなさま。
b0085526_1232145.jpg


マクロレンズ、室内灯のみで難しいと思うのに、背景に工夫しながら、何枚も何枚も試行錯誤の末撮れた写真。
扇(らしきもの)にフォーカスしてるけど、面白くなったと思う。
私も姉バカ ^^;

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-29 01:30 | 写真 | Comments(3)
北海道人が首都圏に出張する時、辛い(「嫌だなぁ」と思う)ことがあるのですが、なかでも「歩かなくてはならない」、「夏は暑すぎるし、冬は寒い」は僕にとってもっとも嫌なことです。

北海道人はどこへ行くにも車に乗るので、駅の階段や目的地まで歩くのがとても辛いのです。でも、約束の時間を守るためには電車に乗るしかないのが腹立たしい!

首都圏のホテルは、12月の中旬まで暖房に切り替わりません。この時期の出張が一番辛く、風邪をひいていしまいます。あと、通路やロビーなど、パブリックなスペースが暖房されていませんので ..... とても寒いのです。北海道では、部屋(お店の中)ではTシャツでアイスクリーム(ビール)が常識です!(我が家の居間の温度は30℃)

まぁ、日本一虚弱な体質といえます。ブラキスト・ラインというのが津軽海峡に走っていますので、しょうがないのです。(毛穴の密度が違う?)

今回の出張は、風邪でゼイゼイいってる最中、必死になって頑張ったのですが ..... 行きの飛行機は整備が間に合わず機材変更で2時間遅れ、帰りも千歳上空で吹雪のためにホールデングという、悲惨な結果となってしまったのです。

b0085526_117098.jpg今回は両国に泊まったので、朝の散歩に「吉良邸跡」を目指しました。

何気に「力士玄関」というのを目にして、「エッ、時津風部屋?」

..... 記念の写真を撮りましょう。

そうか、ここは両国だもんな!

「玄関まで戻って」という気にはなりません。

近くにあるはずの「勝海舟生誕の地」はどうしても捜せませんでした。

b0085526_11134757.jpg吉良邸討ち入りが現実であった証?

チョット引いてしまいますネ。

元の屋敷は2,500坪もあったそうですが、現在は29坪、

トホホです。

見るべきものはありません! なんと情けないことか?

b0085526_11191332.jpg「花押」が額に入れてありました。

浅野内匠頭家来が起こした「赤穂事件」が「忠臣蔵」として脚光を浴びるわけですが ..... 実際はどうだったのか? 本当のことが知りたいですね。

それにしても、昔の人は達筆ですネェ。
かっこいい「花押」が印せれば ..... 大人だなぁ~。

(夫)

P.S.
帰着した札幌はどえらいことになっていました。 北海道も、辛いわー!
[PR]
by noru_nao | 2008-02-28 11:33 | 街のあれこれ | Comments(3)
グッスリ、お昼寝のグラン君。 かわゆくてしょうがありません。

b0085526_10281643.jpgどんな夢を見ているのでしょう?

親バカですが、どうしょうもありませんね。

今年で9歳だから ..... 老齢の域に入る?

でも、小さくて(普通と比べるとでか過ぎるのですが)、かわゆいのです。

「かわゆい」 ..... ?、何かヘンですか。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-25 10:32 | 犬のこと | Comments(2)
人の表情も撮ってみたいのだけど、いきなり「撮らせてください」とは言えないので、犬を触ってくれる人にお願いしてみた。

「撮らせてもらっていいですか~?」というと、必ずポーズを取ってくれる。申し訳ないので、一枚撮って、その後自然な姿を狙ってみようと思う・・・・・・・のだが、なかなかうまくいかないのだ。犬を触ってくれてる姿を撮るのだから、犬の位置は固定である。結果、リードを離すことができない私の位置も固定ということになって、アングルを変える余地はないのである。また、喜んでぶりぶりする犬のリードをしっかり握らなくちゃいけないため、ズームのリングをまわす余地もないのである。う~ん、制約ありすぎである。
b0085526_228473.jpg


このおじさまの場合、カメラを向けるたびに静止してくださるため、自然な姿が撮れないのだが、ぐぅ(飛んじゃってますが ^^;)のなかなかの演技(?)もあってこんなのが撮れました。
b0085526_2212888.jpg


モデルになってくださったみなさま、ありがとうございました(^^)

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-20 22:14 | 写真 | Comments(0)
b0085526_20274921.jpg

無造作に投げ出されたコ汚い板なんですが、おおっ、と思ったのです。
連写ではうまく撮れなくて、ココロの中でリズム取りながら撮りました。
微妙にリズムをずらしたら、「おおっ」が撮れました。
幼稚な写真ですが、うれしかったのです。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-19 20:28 | 写真 | Comments(2)
ウトナイ湖の白鳥。
顔が写ってないのに、なんか満足げに見えて。
b0085526_1936542.jpg


その他の鳥さんたち。
ピンテール(?)、気取ってるのになんかマヌケでかわいい。
b0085526_19381685.jpg

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-19 19:39 | 写真 | Comments(0)
某観光地に「氷濤まつり」を撮りに行った。
広い風景をあまり撮ったことがないので、練習、練習。

前景にボート、背景に山を入れて、湖を撮ってみようと思い、

できあがった写真が、






コレ。






b0085526_083866.jpg

観光協会(?)のみなさん、
美観という概念を根本的に見直す必要に迫られてますよっ。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-18 00:18 | 写真 | Comments(4)
b0085526_941848.jpgオナガガモのメスを撮った写真ですが、

僕が映っています。

おもしろい!

未来はきっと、

スパイ映画のように

映り込みから撮影者を特定したり、時間や場所も判ることでしょう。(現在も? どうなのでしょう?)

b0085526_995928.jpg粟を食べるのに夢中な

ミヤマホオジロのオス。

「あわをくう」

この語源は、このことかしら?

おもしろい!

b0085526_912194.jpg最後はオオハクチョウ

嫁は、「ケイオスに似ている」と言います。

気取っているのに「お間抜け」なところ?

シベリアからやってきた渡り鳥ですが、

僕の手から餌を食べてくれました。

ウトナイ湖は、(ラムサール条約で?詳しいことは聞かないでください。解りませんから)日本で始めて「サンクチュアリ(聖域)」に指定された地域ですが、あまりメンテナンスが(30年前と比べると)行き届いていません。

まッ、そのほうが自然でいいのかもしれません。 

(でも、人の手から餌を食べるというのは? 夫)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-17 09:19 | 写真 | Comments(2)
私たちが帰宅すると、迎えにも出てこないけいおちゅと違って、ぐぅは全身で喜びを表してくれる。
たいていは玄関で寝ているので、ドアを開けると・・・・・・。

「あ?おとーさん、おかーさん?」と、気付いてニっと笑い、
b0085526_2356277.jpg


「ちょっと待ってね」と、おもむろに大きな身体を揺すり、
b0085526_23564847.jpg


「はい、おかえり~」と、仰向け。
b0085526_2357567.jpg


背中の幅がないボルゾイは、このままでいることが難しくて、すぐにコテンと元の体制に戻ってしまうのだけど、一生懸命仰向けになろうと努力する姿がけなげなのである。

そういえば、昔、みかんを食べるけいおちゅをマネして、一生懸命くわえてはみるのだが、やっぱりどうしても嫌い、でも、何度も何度もまた口に入れる努力をする姿も、涙を誘うほどけなげでしたね。
嫌いならがんばって食べなくてもいいんだよ?>ぐぅちゃん

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-15 00:05 | 犬のこと | Comments(1)
b0085526_11193874.jpg出社したら .....

女性社員が、

「みなさんでどうぞ」と

チョコレートを。

こんな高そうなヤツをすみません。

そもそも、セント・バレンタイン・デーにチョコレートを贈るなんてのは、日本の●ロゾフが仕掛けたことで、その尻馬に乗って○通という広告代理店が .....

「2月は暇だから、でっちあげで儲けよう!」をどう考えるか?

目的が利潤追求だからいけないのか? 新しいマーケットを創造したことを評価するか? ですが、(一応)経済人としては後者を選択しなければなるまい ..... ような気がする。

それにしても、 ..... いまいましい。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2008-02-14 11:32 | 街のあれこれ | Comments(3)