<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
花を撮ってみました。
b0085526_8502895.jpg
難しい ..... (コンデジにしては写ります)

感性が違うと、「やはりッ!」なのですね。
b0085526_8531869.jpg
グランの散歩コースにはヘンなものがあります。

ヘンな奴なので、彼にはいいのかも知れません。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-06-29 08:55 | 妻のあれこれ | Comments(2)
HECC(北海道エコ・サイクリング・クラブ?)からお声をかけていただき、嫁と二人、小径車で札幌の街を縦横無尽に覗きに行く会に参加してまいりました。
b0085526_17383135.jpg
大きな移動には「ドニチカ切符(500 円で一日乗り放題)」というのを使いますが、初めての輪行で少しドキドキです。

このグループには、飛行機輪行を平気でしている方が何人もいて ..... 尊敬するなぁ!

まずは真駒内公園で足慣らしをして出発進行です。(てなわけで、今朝の朝練は休み)
b0085526_1742355.jpg
「鮭の科学館」を覗いた後、北大構内をウロウロして昼食 ..... 嫁が、その安さにビックリしていました。

もう一つ、「都会のビル群をバックに牛の放牧が撮れるわッ、今度、撮りに来なきゃ」と張り切っています。(確かに、面白いかも知れません?)
b0085526_17452187.jpg
地下鉄の構内をゾロゾロと行進していきます。周りの人たちは、チョット引き気味ですね。

自転車に乗るよりも、自転車の折り畳みで疲れてしまいました。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-06-28 17:48 | 自転車 | Comments(4)
遅い朝練が気持ちいい
..... 昨夜のススキノ、けっこう飲ってしまって。 反省。
b0085526_14281941.jpg
こんな時には、エクササイズが一番です。

それにしても、信じられないくらいのローディーと行き交う!
みんな初々しくて、いいなぁ〜 ..... 新しいバイクに新しいジャージです。
b0085526_14302386.jpg
今朝の真駒内公園はとても平和でした。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-06-27 14:31 | 自転車 | Comments(2)
雨の札幌はちゃんと寒いのですが
b0085526_21492976.jpg
雲の上を、ひとっ飛びすると

..... 暑〜い、とても暑い東京です。30℃を超していて、身体が馴染む時間を与えてくれません。

仕事がひと区切りついたので、犬の仲間を訪ねて多摩境駅前にある「CAFEショコラテ」へ!
ペット同伴で時間を過ごせる手作りショコラ(ってチョコレートの意味?)のお店です。
b0085526_21583625.jpg
仕事を離れて、利害関係のない人と話をするのは楽しいものです。(と言いつつ、取引先の社長さんに道案内をさせてしまいました、ありがとうございます!)

彼女は、ボルゾイの犬仲間ですが、スタイリストや雑誌編集、ブリーダー、イベント企画など多彩な才能をアグレッシブに表現できる ..... お若いけど「女傑」と呼ぶにふさわしい方ですなぁ〜。

いろんな引き出しに、たくさんの話題をお持ちですから、とても勉強になります。

今夜の夕食は?
b0085526_2274163.jpg
きれいに打ち水された飛び石のエントランスが趣のある割烹のような「うどんや」さん。(敷地も広く、歴史のあるお店です)

蕎麦ではありません! とても細いうどんですが、蕎麦のようでもあります。
季節に合わせたカエルの折り紙が、オシャレです。

かき揚げ ..... とても美味しゅうございました。 チョット高いです。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-06-23 22:15 | ビジネス | Comments(5)
雨の予定がお昼頃から陽が差してきて .....

急遽、乗りに行かなきゃ!
b0085526_20525819.jpg
豊平側サイクリング・ロードを「あいの里」方面へ急ぎます。

途中、舗装が切れている処を過ぎて、しばらくすると何かヘン?
いっけねぇ、リア・タイヤがパンクだッ!

今年になって、豊平側 SR で 3カ所ほど工事途中で未舗装 ..... こういうところでパンクするのよねぇ。

嫁を呼ぼうかとも考えたが ..... クリンチャー・タイヤのパンク修理に初挑戦してみるのです。
ウンウン、この小っこいガラスのツブみたいのが原因だ。チューブを交換して何とか修理は完了。

さて、携帯用の空気入れで大問題!(「なかなか入れるのが大変」と本にも書いてあるので)
えっさッ、ほいさッと頑張って、何とか 6〜7 気圧ぐらいまでは入ったと思われる。9 気圧までは無理のようで、腹八部目で良しとしましょう。

へぇー、やればできるもんです!
朝練でチューブラー・タイヤがパンクした時は、予備も持っておらず家にも近かったので歩いて帰った。旅先での修理はこれが初めての経験ですが、ちゃんとできました。

なんか、うれしい。
b0085526_219451.jpg
晴れもせず、陰りもせずヘンな天気の一日でした。

(夫)

P.S.
それにしても、短い夏のサイクリング・ロード ..... どうせ、見積もり合わせの雑仕事なのでしょうが、「はやく直せよッ」と叫びたい北国のローディなのです。
[PR]
by noru_nao | 2009-06-21 21:14 | 自転車 | Comments(5)
僕がベンチャーズを知ったのは中学 2 年の時で、ビートルズを知ってすぐのことでした。

ベンチャーズは、工事現場で知り合ったボブ・ボーグルとドン・ウィルソンによって結成され、リード・ギター(ボブ)とリズム・ギター(ドン)だけで、ダンス・パーティや結婚式に呼ばれて演奏するというバンド活動を始めたのです。

その後、ノーキーが入ってリードとなり、ボブはベースを担当へ。メルがドラムを叩いていた黄金時代 ..... いいなぁ! 中学・高校と存分に楽しませていただいた。

..... バブル後期にギター(と楽器)収集に嵌ってしまう(だって、子どもの頃買えなかった憧れのギターが買えるんだもの)のは、これがトラウマとなっていますねぇ。

そのボブが、6 月 14 日に 75 歳でお亡くなりになったそうです。

ノーキーがベンチャーズを去ったので、残るは .....

頑張れドン。椅子に座り続けながらもギターを弾き続けろーッ!
b0085526_19483163.jpg
左よりメル・ティラー、一人おいてノーキー・エドワーズ、ドン・ウィルソン、ボブ・ボーグル

ご冥福をお祈りします。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-06-18 19:58 | 街のあれこれ | Comments(2)
6 月に入ってから雨が降らないのは 1 日だけという記録的な天候の中、今朝は薄日が差し込む良い天気(スカッとはいかない?)で、久しぶりに朝練へ出かけました。
b0085526_1013034.jpg
男らしくなった DOGMA '09 ヴァージョン!

力強く、重そうに見えますが、昨年より(着々と)軽量化が進んでいます。
b0085526_10184291.jpg
存在感のあるカーボン・サドル ..... 落車や倒したときのダメージを考えると、とても恐ろしい。

..... うーん、何かが違うなぁ~

STI, FD, RD は 7900 Dura-Ace なのですが、ブレーキが 7800

実は、デザイン的に気に入らないので保留 ..... お金もないし、(いい)パーツって高過ぎない?
b0085526_10325147.jpg
で、狙っているのがこれッ!

KCNC, Zero Gravity, AX Lightness, FRM, MAVIC, FSA, One by Esu といろいろ検討しましたが、ほとんどの軽量ブレーキは、シングル・ピボットでクィック・リリースがなく、片効き調整もなく ..... 効きが甘い ..... 効かない!

そして、やたらと高いのです。(189,000 円、ボルトは別途料金、重量 F:48g, R:47g )

KCNC はダブル・ピボットでクィック・リリースも付いていますが、片効き調整が付いていません。 うーむ、残念!(効き具合は 105 程度、我慢できる?)

何のことはない、7900 Dura-Ace のブレーキを選べば効き過ぎるほどの性能と、世界最高の精度・使い易さを簡単に手に入れることが安価でできるのですが .....

デザインなのです

(カバンに入っていると思ったら、MAC を自宅に忘れてきて Windows で操作していて ..... 何の問題もありません! ノー・プロブレムですよー、 ありませんけど、あっちの方がいいなぁ ..... )

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-06-18 11:08 | 自転車 | Comments(0)
b0085526_1795962.jpg
「マンデラの名もなき看守」という DVD を嫁が買ってきて ..... 日曜日に観ました。

題名の通り、アパルトヘイト下の南アフリカ共和国で、投獄されていたネルソン・マンデラの担当となった看守が ANC(アフリカ民族会議)が制定した「自由憲章」を読むことでマンデラに傾倒していく様を描いている。

白人政府は「南アフリカにはたくさんの民族が住んでいて、それぞれ違う伝統や文化・言語を持っており、それぞれの民族が独自に発展するべきだ。アパルトヘイトは差別ではなく、分離発展である」と表向き主張した。しかし、狙いは少数の白人による政治的経済的特権を維持し、安価な労働力を非白人から供給することにあった。

80年代後半、国際社会から激しい非難を浴び、貿易禁止などの経済制裁を受け、経済的に行き詰まった結果、「人類に対する犯罪」とまで言われたこの制度は完全撤廃された。

でも、これは「帝国主義時代」の「植民地政策」と全く同じ考え方で、「植民者は被植民者より優れており、近代化に必須の経済基盤・政治基盤を発展させることに繋がるので、被植民者にとって利益になるのだ」 ..... アメリカを始め先進諸国が当たり前に国策として、ついこの間までやっていたことである。

その後 .....

アパルトヘイトが廃止され、ネルソン・マンデラが大統領となって新政権が樹立された。

マンデラは民族和解・協調を呼びかけ、アパルトヘイト体制下での白人・黒人との対立や格差の是正、黒人間の対立の解消、経済制裁による経済不況からの回復に努めた。

しかし、実施機構整備の遅れ、財源不足、人材不足から達成するにいたらず、特に黒人への富の再配分の実施は遅れ、失業は増大し、社会犯罪は激化した。このことが先進諸国からの投資や、企業進出を妨げる要因となっている。このような状況から黒人の新政権への不満が高まることになった。

その後、ターボ・ムベキが新大統領に就任した後も状況は変わらず、失業率は3割を超え、犯罪率も高く、またエイズが蔓延している。

現在では、多くの白人たちがこの国を離れ、残された人々は混乱の中で暮らしている。美辞麗句が散りばめられた運動の結果は、皮肉にも国民の幸福には繋がってはいない。

..... だから、

「総ては教育なんだ!」と思う。

人間は創られるものであり、ちゃんとした教育を受けなければ人間にはなれない。
民主主義が行われるためには、国民が人間でなければならない。

無知蒙昧の群れには方便(お釈迦様がつく嘘である)の方が役に立ち、人民のことをちゃんと考えてくれる君主がいる方が穏やかで安定した生活が約束される。

..... 人間になるように頑張らねばならないのです。

背広を着てネクタイを締めていても、紳士と呼べる人がどれぐらいいるのだろう?

ダメだ、背広も着てないし、ネクタイも締めていない!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-06-15 17:06 | 街のあれこれ | Comments(5)
財部誠一という経済ジャーナリストのブログ「財部ジャーナル」より抜粋 .....

人口500万人程度のデンマークとフィンランドは世界が羨む「福祉国家」です。福岡県や兵庫県程度の人口規模であるこの2カ国を取材して浮き上がってきものは、政治と国民との距離が決定的に近いことでした。

< 中 略 >

しかし、北欧すべてをまわってあらためて実感したことがあります。

それは北欧の人びとの規律ある民主主義の歴史です。

民主主義への深い理解の共有があって初めて、世界が羨む「福祉国家」が成り立つという現実。

日本に一番欠けているのは、民主主義への理解いがいなにものでもない。

政権争いに明け暮れる政治家のお粗末もさることながら、日本は国民もお粗末であることを嫌というほど見せつけられた取材となりました。

..... そうなのかも知れませんね。日本をダメにしているのはお粗末な国民。
だとしたら、自業自得ってやつでしょうか? いやだなぁ!

(夫)

P.S.
もっと、調べてみなけりゃ、なんのこっちゃ判らない!
[PR]
by noru_nao | 2009-06-15 08:56 | 街のあれこれ | Comments(0)
b0085526_20544854.jpg
平岸天神が二連覇を達成し、316 チームの頂点に立った。今年は雨に祟られ、演ずる人にも観る人にも寒くて気の毒なイベントであった。

北海道大学の学生が中心となり、高知県のよさこい祭りと北海道のソーラン節がミックスされて生まれたもので、道内は元より、全国から多くのチームが参加するお祭りである。

最初の頃は、まぶダチの伊藤多喜雄(苫小牧出身の民謡歌手、これまで紅白に2回出場)のアクティブなソーラン節がよく使われていたものだが、最近はオリジナルの楽曲で演じられる ..... 少し、寂しい。

最近の若い人たちは賢くて、プロまがいの笑顔で、とても楽しそうに踊ってくれる。

まるで、北朝鮮の「よろこび組」のように ..... と言ったら、嫁は「それは違う」という意見である。

確かに、強制的にやらされるのと自発的に自分の意志で笑顔を作るのとでは、根本的に異質なことであろう。

ただ、学生時代に全国制覇 9 連覇を成し遂げた「根性こそが命、人の倍練習すれば必ず強くなれる」という立場に身を置いた者としては、..... ちょっと話が違うのよ。

人間は社会的動物であり、傍から見て「あきらかにヘンな集団」に属していても、公平に自分を見つめる眼はそれほど狂わないものである。少なくも、僕は冷めた目で見続けることができたし、それでいて、人一倍熱くもなれた。時には、自分の異常性をハッキリと自覚しながらも ..... 。

閑話休題!

今日のテレビ。「民主主義は教育を受けれる権利、平等に知識を得られることこそが民主主義 ..... 」とノルウェーの女性議員が言っていたことに大きな衝撃を受けた。

我が国の教育基本法では「民主主義は個人主義である。野放図にしておくと自己抑制の効かない人間ばかりになるので、教育を義務化するのだ(僕なりの要約ですが)」とある。

日本はダメである。無明を切り捨てる仏の教えも、この北欧の叔母さんの信念に比べたら糞(失礼)である。

北欧の国に行ってみたい。北欧の民主主義を勉強してみたい!(心の中で、何かが揺らいだ)

といいながら「亡国のイージス」を観ている。

(夫)

P.S.
体調もほぼ復活しました。明日から出社します! それにしても寒い .....
[PR]
by noru_nao | 2009-06-14 21:50 | 街のあれこれ | Comments(2)