<   2011年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
ポチッとして、観てあげてください!
b0085526_21324650.jpg
初めての雪にびっくりした赤ン坊ぐうちゃん
b0085526_2133403.jpg
春には慣れてしまって、ぜんぜん余裕です
b0085526_21343645.jpg
小さい頃は痩せて、ガリガリでした
b0085526_21351518.jpg
いたずらが大好き!
b0085526_2136755.jpg
b0085526_2137325.jpg
b0085526_21373514.jpg
本格的に飛び回りますよ .....
b0085526_21381126.jpg
この写真が、とても好きです
b0085526_21384816.jpg
逆光にコートが映えて、とてもきれいッ!
b0085526_21393434.jpg
楽しそうな、お気楽ぐうちゃん

今日は、ぐうちゃんの一周忌でした ..... 早いものだなぁ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-30 21:40 | 犬のこと | Comments(2)
早いもので、ぐぅちゃんが逝って今日で一年経ちました。
b0085526_14565758.jpg


ブリーダーさん宅で売れ残っていた生後100日の子犬は、まっすぐ走ってきて、なんの躊躇もなく私の身体に手をかけて甘えました。
次の犬の血統は・・・・親犬を見てから・・・・毛色は・・・・
などと目論んでいた私の計画は、彼のたったそれだけのしぐさで全部ぶっ飛びました。そのまま車に乗せて、途中で宿泊した横浜の「ホテルニューグランド」のお皿から「GRAND」の名前をもらって、はるばる連れ帰ったのは12年前の秋でした。

b0085526_1457991.jpg
ぐぅは無邪気で素直で、でもおばかで間が抜けていて鈍くさくて、人を疑うことを知らない天真爛漫なキャラクター。おとーさんの手にじゃれついて、遊んでもらうのが大好きでした。

b0085526_14574765.jpg
私が隠れるといつでもどこにでも必死に探しに来てくれたぐぅ。頭のいいケイオスが「どーせすぐに出てくるさ」と泰然としているのと対照的に、パニックになりそうな必死な目で追ってくるおばか加減が愛おしかったものです。

b0085526_14575550.jpg
ケイオスが逝って一年あまりの間に急に老け込んで患ってしまいましたが、最後までその無邪気な性格は変わりませんでした。

まだ回復すると淡い期待を抱きながら、主治医にぐぅの治療方針を相談しに行った日。
「あのコはあとどれくらい頑張れますか?」の問いに「ぐぅちゃんはもうこれ以上ないくらい頑張っているから、あとはおかーさんがどこまで頑張れるかだよ」と答えた先生の言葉に、私の覚悟はできました。苦しそうな様子を見せたら眠らせてあげよう、と。

仕事を抜けてぐぅを看てくれている夫さんが待つ家に着いて、15分? 30分? 静かに眠っている顔を撫でながら見守っていると、彼の呼吸が大きく速くなり、間もなく止まりました。心の準備ができたその日に、家族が揃っているときを選んで、私に安楽死のつらい選択をさせずに、ぐぅは自分で眠りました。これは彼の意志だったのだと、今も信じています。おばかだったはずのぐぅちゃんは、最期にはこんなにも通じていたんだと立証して去っていきました。

b0085526_155944.jpg
若く、華やかなりし頃のぐぅ。夫さんの写真を拝借してきました。ほんとうに美しいコでした。

台所に立つ私の足下に寝転がって邪魔をしてくれたり、玄関のタイルが寝床だったり、おとーさんの食べる果物をねだったりしていたぐぅ。それらの習慣を、今はぼのがすっかり受け継いでいます。ぼののこんなちっちゃい身体に、大きなぐぅが乗り移ってるのかと思うと、「窮屈だろーさ」とおかしくなってしまうのですけれど。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-30 16:28 | 犬のこと | Comments(4)
b0085526_13121396.jpg
Market St. の突き当たりにフェリー・ビルディングがある。1890年建造の古めかしいビルを中心にしたこの区画が整備され、2003年に「フェリープラザ」として再生されたという。

火・木・土曜は、このフェリープラザでファーマーズマーケットが催されている。ここはオーガニック系のお店が多く、ヒッピー文化の名残だと、以前テレビで紹介されていた。

b0085526_13123281.jpg
スプレーマム? 色分けとかされていないのが、却って新鮮。

b0085526_13123617.jpg
ああ、トマトってナス科だったわね〜、と思わせるトマト。

b0085526_13124356.jpg
イモの山。紫とかオレンジとか、色とりどりのイモ山もあった。
撮影は失敗したけど。

b0085526_1313026.jpg
巨大なパプリカ。比較するものを写せばよかった。

b0085526_13123995.jpg
ネクタリン。

b0085526_13125634.jpg
ピクルスがオシャレだ。

昨年も訪れたけど、あいにくの小雨で綺麗な写真が撮れなかった。
今回は気持ちよく晴れて、リベンジ成功(^^)v
第二弾は赤くないモノ編でw

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-25 14:22 | サンフランシスコ | Comments(0)
「神々の深き欲望」という映画、三國連太郎が主演だったことと石を食べる女が強烈に記憶に残っている
b0085526_17582589.jpg
web で調べると、日本人の信仰のいちばん古いかたちであるシャーマニズムを描いた、今村昌平の 1968 年の作品であった

不用意に子供を身ごもった女が、堕胎のために必死に石を飲み込むという、とても残酷なシーン ..... 他にも原始的な村社会のしきたりや奇異な風習が描かれていたような気がする

目の前に、きれいな石ころがあって

まるで作りモノのようで、美しく輝いている

大きさは、普通の石ころ、4cm × 8cm ぐらいが平均か?

だんだんと、意識が高揚してきて ..... ガブッといってみた
b0085526_1831029.jpg
甘〜いッ!

歯が折れることない Ghirardelli のチョコレート、San Francisco のお土産ですが、見た目は本物の石そのもの

知らない人は、手にしないはず .....

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-24 18:15 | 小ネタ | Comments(9)
久しぶりに仙台空港へ降り立った。

震災の残骸がまだ残っていて ..... 20 数年前、サンフランシスコ大地震の後でアメリカを見て、「まだ後片付けができてないのかぁ ..... だらしのない国だなぁ」と感じたことを思い出す。

アメリカは広いので、破壊された高速道路はそのままにして新しいものを作っていたが、日本はそんな余裕がない。おかげで、仙台駅までの大渋滞を2時間以上もバスに揺られて ..... あんな短い距離を?

バカげてるッ!  総てが影響を受けるのに、基幹となるインフラも未だ復興できないとは ..... 日本は、もはや先進国とは呼べない ..... 先進国ならこのザマは一体何なんだッ?

台風の影響で東北新幹線の仙台以北はダメ、山形新幹線も止まっており、取引先の社長が福島まで出迎えてくれた。(米沢までの道程は、ゲリラ豪雨のような雨)

長く、厳しい打ち合わせを終えて、楽しい夕食
b0085526_7582159.jpg
b0085526_7595522.jpg
Oh, Beautiful いいセンス!
b0085526_862774.jpg
とても美味しい
b0085526_87401.jpg
なんか、凄そうな酒のおもてなしで ..... 酔いました
b0085526_884474.jpg
山形といえば、秋は「芋煮会」
b0085526_8103593.jpg
この茄子の漬け物 ..... 米沢を堪能した。

酔った勢いで二次会、久しぶりに三次会まで ..... たっぷり日が変わってホテルへ帰還。

東京へ出るために朝早くの新幹線に飛び乗ったが、とても眠い、眠い、眠〜いッ Zzzzzzzzzzz

(ビジネスマンが少ないせいか、ラウンジは空いていたが)三連休のおかげで満席の飛行機 ..... あぁッ

男はつらいよ!


P.S.
そうそう、先週のこと .....

社員と外出した際、彼の車が急にガタゴト!  なっ、何だ?
b0085526_8202227.jpg
b0085526_820351.jpg
こんなことって? 
慎重な運転のTくんに限って、こんなことが起きるわけがない!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-24 08:23 | ビジネス | Comments(4)
b0085526_1143888.jpg
ホットドッグスタンド。こんなふうに、チップ入れを置いてる屋台は多いみたい。そういう習慣がないから、どのタイミングでいくらくらい入れればいいのか判断できなくて困った。


b0085526_1141081.jpg
歩道に寝転んで休憩中の作業員が、車窓からカメラを構える私を見つけてこんなリアクション。楽し〜っ。


b0085526_114699.jpg
この車も込みのデザインでしょう、このお店。


b0085526_113548.jpg
SOMAのレストラン記事で掲載し忘れた店内のショット。


b0085526_1135185.jpg
ホテルから、夕方の交差点。


b0085526_12612.jpg
ギラデリスクエアのダイナー。ベティさん、なんかおひさしぶり〜。35年くらい前に、ルーニー・テューンズやらのキャラと一緒に流行った記憶が。

ここまで結構な枚数をアップしてますが、実際まだまだ写真が山ほど。どうか飽きないでくださいませ〜 ^^;

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-23 01:36 | サンフランシスコ | Comments(2)
サンフランシスコには、43(50以上という説も)もの丘があるという。横断歩道を渡ると、どちら方向も下り坂なんていう景色があったりして、ひらべったい土地に住んでる人間にはとても新鮮な風景だ。


b0085526_043037.jpg
ケーブルカーはまた別にまとめようと思うのだけど、
やはり代表的な坂の風景として、これははずせないと思うのだ。


b0085526_0413885.jpg

b0085526_0414791.jpg
b0085526_041543.jpg
ロンバードストリート(Lombard st.)の一区間は、世界一曲がりくねった坂道として有名で、観光客でごったがえしていた。もちろん、我々もごったがえしに加担したワケであるが。物見遊山のヒトビトにお構いなしに、スプリンクラーがびゅんびゅん回ってたりするところが、観光とうまく共存しているこの街らしさか。


b0085526_041586.jpg
横断歩道の向こうに貨物船。


b0085526_042451.jpg
せっかくアルカトラズ島が見えてるのに、
撮ってるときは気づかずにばっさり・・・・(涙)


b0085526_0422565.jpg
ノースビーチはすっきり。


b0085526_0422184.jpg
チャイナタウンはごちゃごちゃ。

エリアごとにまったく違った表情が見られるのも、
この街が好きな理由のひとつです。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-23 01:12 | サンフランシスコ | Comments(1)
ただ立っているだけ、ただ歩いているだけ、
それだけで絵になる人が街中にあふれている。
心からの称賛と敬意と憧憬をもって。

b0085526_21331927.jpg

b0085526_21332150.jpg

b0085526_21333514.jpg

b0085526_21331427.jpg

b0085526_229936.jpg

b0085526_2272925.jpg
コーンロウの女の子、かわいすぎる〜っ。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-19 22:11 | サンフランシスコ | Comments(2)
いつものことなのですけれど、記事にできるような写真を撮るのが苦手です。で、今回も圧倒的に、特に語ることもない写真が膨大に。カテゴライズしてくだけで一ヶ月くらいかかっちゃいそうなので、ランダムにアップします。怒濤の更新、ごめんなさい。

b0085526_20122980.jpg
古くて雰囲気のあるビル。窓際の iMac がステキ過ぎ。一階にはフランシス・コッポラがオーナーの「Cafe Zoetrope」があります。

b0085526_20123477.jpg
雑貨屋さんなのか、アンティークショップなのか、よくわからないガチャガチャしたウィンドウに、かわいいミトン。

b0085526_20122361.jpg
イベントとかパフォーマンスとかじゃなさそうです。なにもない住宅地の一角からいきなり出現。

b0085526_20121019.jpg
ちょっと欲しいと思った私は、デヴィッド・ボウイのファンです。

b0085526_2012029.jpg
紙幣、だよね?

b0085526_2012560.jpg
手書きっていうのがカワイイ発想。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-18 20:26 | サンフランシスコ | Comments(3)
サンフランシスコでは、いたるところで路上パフォーマンスが見られる。観光客が集まる場所が点在していて、小銭が稼げるのもひとつだろうし、自分の才能を試す格好の舞台なのかも知れない。

パウエルのターンテーブル
b0085526_19132830.jpg

b0085526_19132377.jpg
タップダンスの黒人男性二人。見応えあった〜。

b0085526_1915528.jpg
手作りの楽器がなんかすごい。


ユニオンスクエア
b0085526_19133166.jpg
スーツの黒人男性がブラスを演奏する姿はあちこちで見かける。Jazzy だねぇ。

b0085526_19133949.jpg
ベリーダンス&ボーカルの女性。これはパフォーマンスというより、なにかのイベントだろう。ステージがしつらえてあったし。


フェリー・ビルディング
b0085526_19165225.jpg
バケツや空き缶や鍋のパーカッショニスト。相当なスペースを占拠したステージングだったけど、わりとスルーされてた感。

b0085526_191648100.jpg
ファーマーズマーケットにて。

b0085526_195261.jpg
彼らの演奏で楽しそうに踊る人も。

b0085526_195296.jpg
飛び入り参加のブロンドくん。こんな髪の天使がよく描かれてますよね、宗教画とかに。


ヘイト・アシュベリー
b0085526_19163911.jpg
バイオリンというより、フィドルと呼びたい感じ? 音楽のジャンルはわからなかったけど。通りにとても似合ってた彼。

(妻)
[PR]
by noru_nao | 2011-09-18 19:59 | サンフランシスコ | Comments(0)