<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
b0085526_2262677.jpg
ハイ、最初に今日のゴールです!
b0085526_2271529.jpg
札幌も暑くなりましたが、更に暑い東京へ .....
b0085526_22102936.jpg
喉黒(のどぐろ)が美味しい晩ご飯をいただきました
b0085526_22131499.jpg
秋に予定している「顔面けいれん」の診察を受けました

デューク大学の福島先生は、この病気の世界的な権威です
とても優しく「大丈夫!、今年中に直してしまおう」と .....
「患部が右の方がやり易いし、当たってる血管も難しくない」
「治りますよ、心配しないで」

先生、でも、とても心配なんです .....

さて、今回の上京では、想い出を振り返ろうと考えていて
故郷以外で一番訪れ、懐かしさもある東京、東京といえば銀座である
b0085526_2227168.jpg
1932年竣工の古いビルであり、万年筆のユーロボックスや画廊、アンティーク・ショップが入居、銀座最古の手動式エレベータも
b0085526_2233287.jpg
ユニオン・ワークスは靴のリペア・ショップで興味深い
b0085526_22373766.jpg
とてもポップなテナントのセンスが面白い
b0085526_22401651.jpg
じっくり時間をかけて遊んでみたい ..... 怒られるかな?
b0085526_22411446.jpg
続いて訪れたのが銀座トリコロール本店
戦前からの看板商品であるエクレアは注文を受けてからクリームを詰めるこだわりの逸品、アップル・パイも店内で林檎の皮を剥くところから作るという .....
僕が頼んだアイス・カフェオーレも、目の前で紅茶と牛乳を同時に注いでくれて、チョッと感激(次回は写真を撮らせてもらおう?)
b0085526_22481443.jpg
7丁目のビヤホール・ライオンでは、ローリーで生ビールを貯蔵庫に入れるところ(朝から飲むわけにもいかないし)
b0085526_22512120.jpg
銀座最古のバーといわれるボルドーである(1927年開店)
b0085526_22543639.jpg
紳士のたまり場だった歴史を今に伝える ..... 山本五十六、白洲次郎も常連だったというが、実は入ったことがない!
b0085526_22563967.jpg
ボルドーの近くにカフェ・パウリスタ本店がある(改装中でした)
「銀ブラ」という言葉をご存じですか?
語源は、「銀座のカフェー・パウリスタでブラジル珈琲を飲む」
b0085526_231616.jpg
b0085526_234323.jpg
月光荘画材店が見つけれなくて、代わりの金春湯(コンパルユ)を
b0085526_235493.jpg
昭和モダンな第一菅原ビル、クラシックな喫茶店「椿屋珈琲店」
b0085526_2383375.jpg
このビルもかなり怪しいのさ .....
b0085526_239411.jpg
バーニーズ・ニューヨークの銀座店、カッコいいっしょッ!
b0085526_23124013.jpg
福沢諭吉の提唱で作られた日本初の実業家社交クラブ「交詢社」があった処で、当時の華やかさを残すファサードが今も残されている
b0085526_23143477.jpg
入口にはスーツを着たドア・ボーイがいて、来客の度に開けてくれる
上流階級の気分を味わいたかったら、是非どうぞッ! 百貨店だよ
b0085526_23181199.jpg
b0085526_051083.jpg
最後は、あまりにも有名なルパンである!
・林忠彦が撮った太宰治、坂口安吾の写真に驚いた
・BGMが無く、とても静かだったこと
・鴨居に機関銃の弾痕があってビックリした
・水割りに無料のピーナッツが付いてきて、しかも安かった

たぶんママさんだと思うが、物静かで優しそうだった ..... 映画の一コマに居るような錯覚を覚えたのは、僕が19の歳、1969年

ジジイにだって青春があったという話しを披露しました

古くさい昭和の名残惜しさだけれど
君たちがジジイやババアになった時に
輝いている今の時代を忘れちゃダメだよ!

そして、青春の素晴らしい想い出と共に
君たちの目映ゆい輝きを覚えていてくれる

友だちを大切にしなさい

一番輝いている君たちを知っているのは、友だちだけだよ .....


(夫)


おまけ:
b0085526_015735.jpg
ルパンを出たら、ホームレスに変装したルパンがいたさ .....
[PR]
by noru_nao | 2014-07-26 23:52 | 街のあれこれ | Comments(0)
朝の4時過ぎに地震警報のアラームが鳴って、ナナちゃんの散歩に
b0085526_9533320.jpg
暗いうちから、雷門でナナちゃんを待ち伏せします
b0085526_9553296.jpg
浅草寺の隣に浅草神社というのがあって、ここの「吽」狛犬です
因みに「三社祭」は浅草神社が「三社権現」と称されていた由来、浅草寺観音を拾い上げた檜前浜成、竹成、土師中知の三人を祀るので三社権現とのこと ..... お祭りだもの神社だよね
b0085526_1074945.jpg
ナナちゃんの仲間が、たくさん散歩にきます
b0085526_108438.jpg
とても大人しくって、可愛いナナちゃん!
b0085526_1010486.jpg
ホテルに戻って老人介護用(文屋さんが名付け親)の朝食
b0085526_10121475.jpg
怪しげな秘密基地を訪問 ..... ナナちゃんのパパが主宰しています
b0085526_10132524.jpg
素敵なジオラマの世界でした(秋には移転、怪しいお姉さんは?)

ただ今、電塾7月例会に参加中です .....

b0085526_10165748.jpg
帰りの便が787で嬉しい! 実は初めてだったのです
b0085526_10182943.jpg
窓をいじって遊んでいました(忍者レフは、今日も忘れた)
b0085526_10204441.jpg
この機体が好きなので、来年のサンフランシスコへはサンノゼ経由で行こうかと、密かに考えていたりして?
b0085526_1023057.jpg
ホテルの近くの刃物屋で買った毛抜きが秀逸で、絶対にお薦めッ!

慌てて、慌てて ..... また来週も東京へ行かねばなりませぬ。

(夫)


P.S.
いよいよ来週、福島孝徳先生の診察 ..... 闘病記は何時からはじまる?
[PR]
by noru_nao | 2014-07-17 10:29 | ビジネス | Comments(0)
過ぎ去ってしまえば ..... なのですが、人に会う約束を守らねばと、先週、台風が心配で1日早く上京しました
b0085526_103440.jpg
で、神様がくれたご褒美は日没後のきれいな虹でした
b0085526_1082659.jpg
浅草寺では「ほうずき市」が行われていましたが、台風のせいで結構ケイオスな状態 ..... この写真は、翌朝の寂しい写真です

「7月10日に参拝すると、4万6千日お参りしたのと同じご利益があるとされ ... 」云々のアナウンスがあったので、お参りしてきました
いつも思うのですが、何をお願いしていいのか解らないので「人類が平和でありますように」と .....
b0085526_10161990.jpg
浅草に泊まるときは、ナナちゃんの朝の散歩に付いていきます
提灯が畳んで曲がっていたのをナナちゃんパパが直していました
b0085526_10183813.jpg
このお地蔵さんが、愛らしくて気に入りました
b0085526_10194498.jpg
浅草寺が6時に開門するのを待って、一番にお参りします
b0085526_10205180.jpg
人は焼かれて灰に戻ります ..... 愚鈍な周利槃特は釈迦仏によって一本の箒を与えられ、「塵や垢を除け」と唱えることで精舎を払浄せしめ、阿羅漢の位に達したといわれますが、この灰をジーッと見ているとマイナス思考になってしまう自分がいます

周利槃特は自分の名前を忘れるぐらいの人だったので、首に自分の名前を書いた板きれを下げていて ..... 死んだ後から生えてきたのが「茗荷」です(茗荷を食べると物忘れをするという由来)
b0085526_10352769.jpg
「さるすべり」という木を教えていただきました
b0085526_10355778.jpg
朝の浅草、どこからでもスカイ・ツリーが見えますねぇ

ホテルに戻って朝食を摂り、仕事へ出かけます!
b0085526_10373859.jpg
お昼は、錦糸町の東武ホテル・レバントからの眺めです(台風一過、視程が良くてスッキリきれいでした)
b0085526_10395381.jpg
お客様と一緒に、チョッとだけビールをいただきました

後半へ続くつもりですが ..... モタモタしている間に?

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2014-07-16 10:45 | ビジネス | Comments(0)
2年ほど前から、片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)を患っています

脳の血管が顔面神経を圧迫することから起きる病気で、最初はチック症状のように頬がピクピクという感じで始まりました

いろんな人に相談しました
仕事でお知り合いになった大学病院の先生方、医療機器メーカの方、できるだけ症状を話してアドバイスをいただきましたが、どうもシックリきません?

頸椎のマッサージ、針治療、脚壷マッサージ、整体、東洋医学院、中国式医術など、いろいろな所を訪れて治療を受けました
食事療法についてシアトル(の高名な先生)から1時間半も電話をいただいたり、宗教的な気の治療院も訪れてみました

理由は?  還暦を過ぎた身体にメスを入れたくなかったからです!

この2年の間に、いろんなことを学びました
そして、「世の中には、とても気の毒な人がいること、自分ではどうにもならない」ことを身をもって実感し、辛い病気と向き合って生きていることを知りました
「ガンは貴方に起きた最良のこと ... 」という、L. アームストロングが頭にきたという言葉を思い出し、同じ意味であると悟りました

《 僕が感じた、この病気による弊害 》
・発作が起きると片眼が見えない状態になり、遠近感に支障が出ますので、仕事での業務、車の運転、自転車走行、階段の上り下りなどに不便・不安を感じます(万が一を考え、車の運転を休止)
・慢性的な違和感、人と会う時の恥ずかしさ、洗顔・ひげ剃り、歯磨きなどの不便さを感じます

死ぬことは稀であっても、もう少し人生をアクティブに生きるには、この病気を克服したい
薬による治療も考えましたが、副作用が怖くて、やむなく手術することを覚悟しました

じゃあ、誰に(病院じゃないんですよ、手術は人が肝なのです)手術をしていただくか?

この病気の権威であり、世界中を飛び回って手術をし、「神の手を持つ男」と評判の高い米国デューク大学(脳神経外科では全米一の実績)脳神経外科教授の福島孝徳先生に行き着きました(webで、この病気の闘病記を書かれていた「みりんさん」にお世話になりました)
b0085526_9584762.jpg
《 福島式手術方法 》
・皮膚の切開は約4cmの小さな切開のみで行います
・耳の後ろの薬5cm後方に緩いS字の切開を置きます
・頭蓋骨に直径約3cmの穴を開け、後頭蓋窩という小脳があるスペースに入ります
・小脳を傷つけないように避けて脳槽に入り、そこを走る脳神経を確認し、周囲の血管と神経の関係を観察した後、顔面神経の脳幹部の入口を圧迫している血管を周囲組織から丁寧に剥がし、血管が神経に当たらないように場所を移動させます
※ この際、できるだけ、血管と神経の間に物を挟まないことが重要
※ 後々、神経周囲に瘢痕組織ができ、余計に癒着を形成してしまい、再発することがある
※ テフロンという素材を使って細い紐のような物を作り、血管を巻いてテフロンを他の部分に付ける(フィブリン糊という特殊な糊を使って糊付けする)という方法で行う
※ 非常に侵襲の少ない、有効且つ安全な方法である

次回、福島先生の診察結果を報告します .....

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2014-07-09 09:51 | 病気のこと | Comments(2)