<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
敷島の 大和心を 人問わば 朝日に匂う 山桜花 本居宣長
風誘う 花よりもなお我はまた 春の名残をいかにとやせん 浅野匠守
散る桜 残る桜も 散る桜 良寛和尚

桜を謳ったもので好きなのは、この三首ぐらい?
b0085526_10783.jpg
中島公園は、今が見頃です!
b0085526_109219.jpg
昭和の日なので、たくさんの見物客で賑わっていました
b0085526_10102534.jpg
毎年撮る定番なカット
b0085526_10111539.jpg
きれい好きなカラスの「烏の行水」をジッと見ていました
b0085526_10141277.jpg
この出で立ちで行きましたので、嫁から「離れるように ..... 」
b0085526_10153787.jpg
お昼は、カメラ部の仲間がいる「あじと」です
b0085526_10171354.jpg
有機野菜の料理で、健康に気を使います
b0085526_1020488.jpg
パーク・ホテルのタンポポ(次の撮影会?)を見ながら帰りました

まだ、桜の季節は終わっていません!

(夫)

P.S.
ソメイヨシノは白い花ですが、白く撮ると次の仕事はありません
チャンと薄いピンクに画像処理しましょう!
女性の肌の色は「湯上がりピンク」ではなくなったという話は明日(いつか)のココロだ!(芸達者な小沢昭一さんを思い出しました)
[PR]
by noru_nao | 2015-04-30 10:23 | 写真 | Comments(0)
いざ、富山へ! ..... 何年ぶりだろう?
b0085526_1651271.jpg
中州にある恐ろしい富山空港へ着陸します

駅前のCIC 研修室で富山電塾の開塾セミナーが行われました
(それだけかい?)
懇親会は氷見に場所を移して、朝までドンチャン騒ぎ!
(富山湾の美味しい魚を山ほどいただき、酒をたらふく飲みました)
b0085526_1652990.jpg
夜更かししても、朝早く起きてしまうので、Aさんとお散歩
b0085526_16571731.jpg
町々に面白いモノがあります
b0085526_16583432.jpg
いいなぁ〜、お父さんが働いているのですね?
b0085526_16591891.jpg
初めての鉄道写真? Aさんに教えていただいた キハ47

電塾の皆さんと別れ、Aさんと能登の旅へ
b0085526_1713821.jpg
美しい恋路海岸は恋人と行くべきで、ジジイだけでは寂しぃ〜!
b0085526_177668.jpg
内浦湾は、波が穏やか過ぎて海ではありませんね?
b0085526_1783174.jpg
見附島(軍艦島)を目指します .....
b0085526_1791694.jpg
ほうら、軍艦でしょッ!
b0085526_179551.jpg
実際には、千枚以上ある「千枚田」(こんなに海が近くて大丈夫?)
b0085526_17123357.jpg
輪島の総持寺祖院を訪ねます ..... くどいほどの「脚下照顧」
b0085526_17154699.jpg
古いですねぇ .....
b0085526_17161733.jpg
中島公園の桜を思い出しました

さて、今夜の宿は和倉温泉なんだなぁ .....
b0085526_1717511.jpg
部屋に入って、最初の一服がお抹茶ですぞぃッ!
b0085526_1720152.jpg
お料理がはじまりました ..... こんな、贅沢させてもらってスミマセン
b0085526_1721442.jpg
カマクラが出てきて、美味しいお造りをいただきます
b0085526_17224266.jpg
可哀想に焼き殺してしまいました ..... 美味しくいただく供養です
b0085526_17241444.jpg
何品も出てきましたが、目立つモノだけ載せています、ノドグロ
b0085526_17255215.jpg
何だかのミルフィーユですって .....
もう食べれませんが、デザートだけは食べた記憶が薄っすらと?
b0085526_17263556.jpg
結局、3時過ぎに目が覚めてしまい(旅で、ゆっくり寝れません)
b0085526_17291627.jpg
能登湾に上る朝日を見ながら、お散歩です!
b0085526_17302535.jpg
和倉温泉といえば「加賀屋」ですが .....
b0085526_1731630.jpg
僕らが泊まった「美湾荘」、とても素晴らしいお宿でした
b0085526_17331135.jpg
朝ご飯も、豪華絢爛そのものでした .....
b0085526_17335087.jpg
東京のAさんと別れ、小松空港から札幌へッ!

高級温泉旅館、素晴らしい経験を堪能させていただきました
Aさん、心より、お礼申し上げます!

b0085526_17451051.jpg
そうそう、アルファロメオで全行程をご案内いただいたMさん、ナビゲータをしていただいた(もう一人の)Aさん、たいへんありがとうございました
札幌へお越しの節は、ぜひ、お返しさせてください!

素晴らしい経験と人の「縁」に、こころより感謝いたします

(夫)


P.S.
また一つ、「想い出」が増えました ..... 老後の楽しみです
[PR]
by noru_nao | 2015-04-28 17:51 | 写真 | Comments(0)
寅次郎子守唄のロケ地へ来たから、唐津神社をお詣り(見学)する
b0085526_9395017.jpg
うがい手水で身を清めて、ひと周りしただけですが .....
b0085526_9422183.jpg
神社の横は、「唐津くんち」の曳山展示場
木型の上に和紙を数百回張り重ね、麻布を張り、幾種類もの漆で塗り上げた造形美は優れた工芸品 ..... とても綺麗です
b0085526_9484543.jpg
他にも赤獅子、青獅子、義経の兜、鯛など15体を陳列
b0085526_9524841.jpg
悪天候の中、唐津城へ上ってみました(斜めに上がるエレベータで)
玄界灘が見えて ..... 演歌の歌詞を思いだそうとしたが?
b0085526_9544815.jpg
「城内の展示品を撮ってはダメです」というのが解りません
唐津焼も、あまり好きではありません
ひとつだけ、不思議なモノを買いました .....
b0085526_9585878.jpg
江戸(嘉永)時代の大名紋章城郭図ですが、北海道がカット!
松前城と幕府直轄の五稜郭があるだけ ..... まぁ、当たり前か?

晩ご飯は、中州の「鳥善」で博多水炊きをご馳走になりました
b0085526_10252465.jpg
(カメラマンの)Kさん、ありがとうッ!
この日は、お昼は「馬刺し」で夜は「水炊き」、ベジタリアンの僕にとっては、何とも贅沢な食事が続いてデブ化に拍車がかかります

翌朝は晴れて、一日1便しかない ANA で帰路につきました
b0085526_10305731.jpg
プレミアム・シートの楽しみは「鶏ごはん」でしたが、牛肉とじゃが芋の旨煮が最高に美味しかった
壱ノ重には、蒟蒻きんぴら、焼き蒲鉾、厚焼き玉子、いわし梅煮、菜の花などの炊き合わせ、デザートには桜餅寄せ ..... 美味しいよねぇ
b0085526_1037961.jpg
(僕と同じ日に生まれた)Mさん、ありがとう!
お土産の中に「博多祇園山笠」の手拭いとお扇子が入っていて .....
優しい気持ちが伝わってきて、本当に感謝です!
前回行ったときに、櫛田神社にお詣りする揃いの法被姿を見て「あれッ、欲しい」と言ったら、町内の顔役に頼んでプレゼントしてくれた

嫁が「あなたは、本当に人に恵まれている」と ..... そう思います
万分の一も恩返しできないけれど、幸せをいっぱい噛みしめます!

Mさん、Kさん、札幌へも遊びに来てください

また、会える日を楽しみに、頑張りまぁ〜すッ!

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2015-04-10 10:54 | 街のあれこれ | Comments(0)
月曜日、仕事があって博多へ飛ぶ .....
2時間半は長いので、プレミアム・シートを楽しむことにする
ニュー王子のサンドイッチが懐かしく、苫小牧が恋しくなった
b0085526_1313668.jpg
着いた博多は雨で、中州の人影もまばらであった
b0085526_13141761.jpg
チューリップ、もう、散る間際らしい?
僕にとっての博多は不思議な街で、20数年前、偶然に入った店で、同じ日に生まれた人と出会い、お互いに顔を見合わせた

「同じぐらいの歳ですよねぇ」
「えぇ、昭和25年の生まれです」
「あっ、同じだ。僕は5月生まれです」
「えっ、僕も。20日です」
「本当ですか? 同じです ..... 」

博多へ来るたび寄せていただく「トロンボーン・クラブ」のマスター

写真家 田坂嘉章さんの最後の展覧会も、ここ博多で開催 .....

そして、僕のルーツは佐賀である ..... 明治時代、祖父が佐賀からきた
調べてみると、島 義勇 という人が、開拓判官で北海道へきて、札幌の開発に尽力したようである(当時、函館、小樽が栄えている時代に、札幌を中心の都市にしようとした見識が鋭い人)

佐賀の乱の後、先祖が屯田兵として、琴似に入植するのである
子供の僕には、誰もそのことに触れようとしないのが不思議でならなかったが、父や叔父に聞いても「もう、親戚もいないし ..... 」
たぶん、言えない理由があったのかも知れない?

仕事を終え、カメラマンのKさんが、佐賀まで車を飛ばしてくれた
b0085526_13401413.jpg
ここが、「そうだッ」とは解らない?
でも、自分の先祖の土地に来てみたかった .....
b0085526_13422281.jpg
b0085526_13424325.jpg
Kさんに我が儘を言って、辺りを歩いてみる
b0085526_13435292.jpg
杉の林が見事である .....
b0085526_13445361.jpg
b0085526_13451097.jpg
全く初めてなのだが、懐かしい景色がそこにあった
ここで、どんな暮らしを営んでいたんだろうか?
「北海道へ行け!」と言われても、僕なら行かないかも知れない
b0085526_13463042.jpg
ここからは、とても遠くて、とても寒いところ .....
b0085526_13523535.jpg
デブで醜いジジイが歩いているのが、とても悲しい

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2015-04-09 13:55 | ビジネス | Comments(0)