人気ブログランキング |
チャンバラを見た
父の遺品の中から「赤穂浪士」を見た。嫁が父に買ってあげたのだが、未開封のままで見ていなかったようだ。(何かの供養にはなるのかしら?)

東映が創立10周年の記念映画として製作したもので、片岡千恵蔵、市川右太衛門、中村錦之助、大川橋蔵、大河内傳次郎、大友柳太朗、近衛十四郎、月形龍之介、中村賀津雄、松方弘樹 ..... ともかく凄いキャスティングである。

「御大」と呼ばれる二大スター(片岡千恵蔵と市川右太衛門)が、何の台詞も無く目と目で伝え合う3分間のシーンというのがあって、..... ちょっとビックリした。カメラワークもライティングも稚拙なのだが妙に解るのである。あなどれないのである。いや、凄い役者だったのでしょう!(市川右太衛門の息子さん、SBの携帯CMで犬の役をやってていいのかしら?)

大石内蔵助が揺泉院に会って「西国に仕官が決まり、永の別れ ..... 」という場面、西国霊場(もっと西で天竺・お釈迦様の国)に赴くという意味に捕らえたが、 ..... 少しはモノを知らないと面白くもなんともない。大佛次郎(おさらぎじろう)の原作であるが、橘右近を演じた大河内傳次郎も渋くてよかった。(近年見た西田敏行は真似したね?)

歴史家に言わせると、浅野内匠頭元家来が起こした事件を「仮名手本忠臣蔵」という歌舞伎・人形浄瑠璃の演目にしたフィクションであるというが、映画・テレビで100本以上も作られてきた伝統的作品である。
b0085526_8335644.jpg
討ち入りがあった元禄15年12月14日というのは、西暦1703年1月30日とのことである。昔は、東京も寒かったんだね。

(夫)
by noru_nao | 2009-03-16 08:44 | 映画・音楽
<< 米沢へ行きました 人生のおわりかた >>