小説家を見つけたら
という題名のショーン・コネリーが主役の映画があります。
b0085526_8584424.jpg
映画の中で、自転車に乗るシーンがあるのですが .....

(イギリス人という設定なので)いかにも英国製の自転車にチャンと背筋を伸ばして乗ります。

そして、曲がる時に手で合図をするのがカッコいいのですッ!
遠慮がちに、チョットおどおどして、でも、伝統(ルール)を守っているのです。

確かに、昔(子どもの頃)はこうやっていましたッ!
大人もしていたし、子どもには合図するよう注意していました。

いつごろから、この習慣は無くなったのだろう ・・・・・ ?

自転車は軽車両なので、方向を変える時に合図をしなければならないのに、誰〜も、そんなことはしていません。(ホノルル・センチュリー・ライドを走ったワイキキでは、見よう見まねでしていましたが)

「Copenhagen Bicycle Culture」という動画があって、自転車専用道路が街中にあることが窺い知れます。



都市の「自転車専用道路」では韓国に先を越されるというのが大方の見方です。

早くやればいいということではありませんが、「アジアの手本」になれないのが残念でたまりません。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-07-10 08:59 | 自転車
<< だいぶ、解ってきたぞーッ! ピンクのジャージ >>