タイム・マシンを手に入れた!
会社のデスクトップよりも MacBook Pro のデータが壊れてはタイヘンと、1TB の HDD を外付けして Time Machine の導入に踏み切りました。
b0085526_1694083.jpg
ジャ〜ン! なんか SF 的でいい感じですねぇ。

設定を教えてくれた H 君によると「1TB までは安心して任せられます。その後は、古い順から消し込んでいきますが ..... まず大丈夫でしょう」

とりあえず、仕事のデータに関しては保険をかけたわけですが、本音としては「その時になってみないと判らないのでは?」と。

デザインなのか、インターフェースの作り方が上手な Apple です。

実は、8086系のユーザーとして僕のコンピュータ歴は古く(最初のマイコンは MZ-80B)、往時はプログラムを(も)書いて飯を喰っていたわけですから ..... プログラマ?

xBase の世界標準を決めようと、X3J19 Committee in Pittsburgh に日本から派遣された2人の内の一人です。(涙が出るほど懐かしい ..... 英語で行われる会議に日本語で大演説!嗚呼 ..... )

その昔、コンピュータはコンピュータを理解している人だけが使う機械だったので、訳の分からない素人が手を出しても「総て自己責任」で、誰にも文句なんぞ言えない代物でした。

故に、自分の使いたいように設定し、プログラムを書く! そして、使う。

今はプログラムを書く必要がない。
必要なプログラムは、買いさえすればいいだけです。
だから、(ただの)コンピュータ・ユーザーにとっては、より使い易い PC こそが一番なのです。

PC-9801が席巻していた時代、「世界標準の IBM PC を使うべきである」と言い続けていました。
Windows の時代になり、ようやく日本でも IBM-PC AT互換機が当たり前となりました。

..... で 今、使うだけなら、MAC が一番! 一番の理由は「安さ」です。

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2009-11-24 16:23 | ビジネス
<< 忘れられない写真に ..... TUMI・Brompton に... >>