3.11 から一年が過ぎました
震災の日、Kスタジオへ向かおうとしていた車が交差点にさしかかって停車した

ヘンな揺れに隣のダンプが何かイタズラしているのかと?

スタジオで「凄かったですねぇ」と聞いて、地震だったことを知る
自宅に車を停め、携帯が繋がらないことに気づいた

あれから一年 .....

朝から「震災特集」が組まれ、ウンザリする映像と稚拙な構成の内容に嫌気がさしてしまう

被災された方々は、あれを望んでいるのだろうか?

僕が被災者なら「ふざけるなッ」と怒鳴っている!

人の幸せ度は絶対的なモノではなく、周りと比べての相対的なモノであるはずだ

僕の生活は、江戸時代だったら征夷大将軍以上の快適な生活であり、気温の寒暖にも影響されず、行きたいところへはひとッ飛び、朝から山海の珍味を毎日食べることができる

病気にかかってもガンをも克服する治療を受けられるし、趣味趣向はあらゆることが経験できて、好きなファッションで身をまとう ..... 大勢の家来がいないだけで、快適さは殿様以上の暮らしをおくっている

しかし .....

こんな素晴らしい国で、同じ日本人でありながら、ゆとりのない避難生活を送っている被災者が 35 万人もいるという

狭い部屋で、最低の調度・家電に囲まれ、プライバシーが極めて危ういギリギリの生活を強いられているのは誰の責任だッ?

紛れもなく、政府・行政担当者、為政者の責任である!

中東やアフリカの難民キャンプの映像を見て、気の毒でとても可哀想だと思う ..... 彼らの政府、為政者が無能であり、無責任で主導権争いばかりしているからではないか?

その難民生活が、東北にあること ..... 信じられないバカさ加減!

一年経っても解決できない問題は十年経っても無理

だんだん、書いていて腹が立ってきたので、もう止めます

お上に「ヤル気」があれば、一年でできると思うのですが .....

(夫)
[PR]
by noru_nao | 2012-03-11 23:31 | 街のあれこれ
<< 事後報告 ..... 余目出張! GRD3を使ってみました >>